シワの改善に役立つイソフラボンの働き

イソフラボンにはシワの改善に役立つ2つの働きがある

大豆などに含まれているイソフラボンには、女性のシワの悩みを改善へと導いてくれる2つの働きがあります。

一つは、細胞を酸化させて機能を奪う活性酸素を除去する「抗酸化作用」です。そして、もう一つの大きな働きが、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きです。この働きは、「エストロゲン様作用」とも呼ばれています。

この2つの働きが体内で果たされることで、シワの発生を抑えて若々しい肌が叶えられるのです。

イソフラボンの抗酸化作用が真皮層の変性を防いでシワを抑える

活性酸素はコラーゲンやエラスチンを傷つけて変性させる

ストレスなどの影響を受けて活性酸素が増加すると、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが傷つけられ、機能が奪われてしまう恐れがあります。

コラーゲンは真皮層(※1)で網目状に広がっており、肌にハリを与えています。このコラーゲン同士を結びつけて支えているのが、エラスチンです。
(※1)人の皮膚は、外側から順に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層によって構成されています。

コラーゲンとエラスチンによって張り巡らされた網目の間には、保水力に優れたヒアルロン酸が存在し、肌の潤いや弾力を維持してくれています。
体内で増加した活性酸素は、これらの成分を傷つけます。その結果、真皮層の構成が変性してしまい、肌の弾力が低下してシワへと繋がってしまうのです。

抗酸化作用がコラーゲンやエラスチンの働きを守る

イソフラボンがもつ抗酸化作用によって、過剰に発生した活性酸素が除去されれば、真皮層を構成しているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分を酸化から守ることが可能になります。
そして、これらの成分の働きを守ることで、肌の弾力を維持することができます。

また、これらの成分を生み出している線維芽細胞の機能も守られるため、コラーゲンやエラスチンなどの減少も抑えられるのです。

イソフラボンのエストロゲン様作用がシワの発生を抑制する

女性ホルモンはコラーゲンやエラスチンなどの生成に関わっている

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、卵巣から分泌され、コラーゲンなどをつくる線維芽細胞に作用します。
その結果、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成が促されるのです。

このため、加齢によって卵巣の機能が低下し、エストロゲンの分泌が減少すると、コラーゲンなどの成分も減少して肌の弾力が失われてしまうのです。

イソフラボンを取り入れることでエストロゲンと似た働きを補える

加齢によってエストロゲンが減少してしまった方が、イソフラボンを取り入れることで、エストロゲンと似た働きを補うことができます。
イソフラボンがもつエストロゲン様作用によって、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成が高まれば、シワといった肌老化を抑えることが叶うのです。

エクオールはシワの抑制が認められている

イソフラボンの中でも、特にエクオールがエストロゲン様作用に優れており、実際に行われた試験によってシワの面積に対する抑制が認められています。

このエクオールは、イソフラボンの一種であるダイゼインが腸内細菌(エクオール産生菌)によって変化したものです。

ダイゼインについて詳しくはこちら

エクオールをつくる産生菌は、全ての人の腸内に存在しているわけではありません。
実際に行われた試験では、エクオールを産生できない45~60歳の閉経女性の方が、エクオール(10mg)を12週間続けて摂取したところ、目尻のシワの面積に対する抑制が認められたのです。

このエクオールの力を確実に得るためには、エクオールのサプリメントを取り入れることをおすすめします。