イソフラボンを摂るタイミングはいつが良い?

イソフラボンの摂取は朝や夜がおすすめ

大豆などに含まれているイソフラボンを摂るなら、朝や夜に摂取しましょう。

朝は栄養素の吸収が良いので、朝にイソフラボンを含む食品を摂ることで、効率良く補給することができます。
また、美容や体型維持、腸内環境の改善のためにイソフラボンを摂るなら、夜がおすすめです。

イソフラボンをサプリから摂取する場合は、食後30分以内に飲むことで吸収率がアップします。

朝は栄養素が吸収されやすい

イソフラボンなど栄養素の吸収は、朝が良いといわれています。

大豆はイソフラボンだけでなく、タンパク質など様々な栄養素を含んでいますが、固くて分解しにくいため、栄養が吸収されにくいです。
ですから、このような大豆食品からイソフラボンを摂るなら、少しでも吸収率が良い朝に食べることをおすすめします。

豆乳の場合も、朝起きた後に飲むことで栄養素が吸収されやすく、便通の改善にも期待できます。

夜寝る前に摂ればイソフラボンが寝ている間に働いてくれる

寝る前にイソフラボンを摂取することで、寝ている間に働いてくれるため、美肌づくりに期待できます。夜寝る前に摂取すると、女性ホルモンと似た働き(エストロゲン様作用)を受けやすくなり、美肌だけでなく痩せやすい体にも近づけます。

また、腸内環境を整えるためには、夜に納豆とアボカドを混ぜて食べることをおすすめします。
納豆はイソフラボンが豊富なだけでなく、腸内環境を整えるのに役立つ「納豆菌」が含まれています。
腸内環境は、夜に作られるといわれています。ですから、夕食に納豆と食物繊維が豊富なアボカドを食べることで、腸内環境を整えることに期待できるのです。

腸内環境を整えることで、高いエストロゲン様作用をもつ「エクオール(※1)」が作られやすくなります。

(※1)エクオールはイソフラボンの一種で、女性ホルモンと似た働き(エストロゲン様作用)が強いです。

イソフラボンのエクオールについて詳しくはこちら

イソフラボンの美肌作りに役立つ働きについて詳しくはこちら

イソフラボンのダイエットに役立つ働きについて詳しくはこちら

サプリで摂取するなら食後30分以内に摂取しよう

イソフラボンをサプリで摂取する場合は、食事をした後の30分以内に飲むことで、成分を効率良く吸収することができます。

食事をした後すぐは、消化器官の働きが高まっているため、栄養素の吸収率にも期待できます。ですから、イソフラボンサプリは食後30分以内に飲むことで、イソフラボンをよりしっかりと摂取することができるのです。