イソフラボンサプリは血栓を予防する薬と併用しても良いのか

イソフラボンサプリと血栓を予防する薬を自己判断で併用するのは控えよう

血栓(血の塊)を予防する薬であるワーファリンや、アスピリンなどを服用している方は、イソフラボンサプリを自己判断で取り入れることは控え、必ず医師に相談しましょう。

ワーファリンとアスピリンは、どちらも血液をサラサラにする作用がある薬です。
これらの薬を飲んでいる人が、イソフラボンサプリを安易に併用してしまうと、薬の効果に影響を与えてしまう可能性があります。

併用することで血液をサラサラにする作用が効きすぎてしまう可能性がある

ワーファリンとアスピリンの働きとは

ワーファリンとアスピリンは、血液をサラサラにして血栓がつくられないようにするための薬です。

ワーファリンは、血を固まらせる物質をつくるビタミンKの働きを阻害します。ビタミンKの働きが抑えられると、血液を固まりにくくし、血栓ができるのを抑えることができます。

一方アスピリンには、血小板の凝集を阻害することで、血栓ができるのを防ぐ作用があります。
血管に何らかの原因で傷ができた際、多くの血小板がその部分に集まって塊を作ります。アスピリンは、この血小板の凝集を引き起こす物質(トロンボキサン)の合成を阻害することで、血液サラサラにしてくれるのです。

イソフラボンにも血液をサラサラにする作用がある

イソフラボンには、血小板の凝集を抑制する働きと、血栓の原因にもなる「過酸化脂質」の発生を抑える働きがあります。

そのため、血栓を予防する薬を服用している人がイソフラボンサプリを併用すると、作用を助長する可能性があるといわれています。
作用が強まると、出血した際に血が止まりにくくなる可能性があります。血栓を予防する薬を飲んでいる人がイソフラボンサプリを摂る際は、必ず主治医に相談をして指示に従ってください。