イソフラボンの副作用について(腹痛)

イソフラボンの過剰摂取は腹痛を招く恐れがある

大豆などに含まれているイソフラボンは、サプリメントなどで摂取し過ぎてしまうと、腹痛を引き起こす恐れがあります。

イソフラボンには、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)があります。そのため、適度に摂取することで、ホルモンバランスの維持に役立ちます。
しかし、摂り過ぎてしまうと、エストロゲン様作用が過剰になって、もう一つの女性ホルモン(プロゲステロン)とのバランスが乱れてしまうのです。
その結果、腹痛といった症状を招く生理痛やPMS(月経前症候群)に繋がってしまいます。

ですから、イソフラボンを摂取するときは、過剰摂取にならないように注意する必要があります。過剰摂取を防ぐためには、サプリの製品ごとに決められている摂取目安量を守りましょう。

イソフラボンの過剰摂取によって腹痛が起こるメカニズム

ホルモンバランスの乱れによって起こる生理痛

イソフラボンを摂り過ぎてエストロゲン様作用が過剰になると、プロゲステロンとのバランスが乱れます。そして、ホルモンバランスが崩れてしまうと生理痛の悪化に繋がります。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、骨盤内のうっ血によって生理痛が悪化する恐れがあります。この骨盤内のうっ血が原因となって、辛い痛みを起こす「機能性月経困難症」にも繋がってしまう場合があるのです。

また、ホルモンバランスが乱れた状態が続くと、自律神経の乱れにも繋がります。そして、自律神経の乱れによって血行不良が起こると、生理痛が悪化してしまいます。

ホルモンバランスの乱れによって起こるPMS(月経前症候群)

イソフラボンの過剰摂取によって起こるホルモンバランスの乱れは、腹痛などの症状を起こすPMSの原因にも繋がります。

このPMSの原因は明らかにはされていませんが、エストロゲンとプロゲステロンの濃度が急激に変動することが原因の一つとして考えられています。
ですから、イソフラボンを摂り過ぎてエストロゲン様作用が過剰になり、プロゲステロンとのバランスが乱れると、PMSによる腹痛が起こる可能性も高まるのです。

イソフラボンをサプリから摂るときは摂取量に注意しよう

イソフラボンを摂取するときは、過剰摂取にならないように注意することが大切です。

大豆イソフラボンを、サプリなど特定保健用食品から摂取する場合は、一日30mgまでと定められています。ですから、サプリからイソフラボンを摂取する場合は、製品ごとに決められている摂取量や回数を守り、30mgを超えないように気をつけましょう。