ソイプロテインとイソフラボンは何が違うのか

ソイプロテインとは

「畑の肉」とも呼ばれる大豆には、タンパク質が約35%と多く含まれています。
大豆から油脂を絞った後に、このタンパク質を取り出したものを「ソイプロテイン(大豆タンパク質)」といいます。

ソイプロテインとイソフラボンの違い

前項でもご紹介したように、ソイプロテインは、大豆から油脂を絞った後に取り出したものです。
そして、このソイプロテインの中に、イソフラボンが含まれています。ソイプロテインの中には、他にもアミノ酸が豊富に含まれています。

すなわち、イソフラボンは、ソイプロテインに含まれている成分の一つなのです。

ソイプロテインの魅力

アミノ酸スコアが高い

アミノ酸スコアは、タンパク質の栄養価を示す指標のことをいいます。
アミノ酸は、体内で合成することができない「必須アミノ酸」と、体内で合成することができる「非必須アミノ酸」に分けられます。アミノ酸スコアは、食品に必須アミノ酸がどれくらい満たされているかで算出されます。

ソイプロテインのアミノ酸スコアは、満点の100とされています。このように、ソイプロテインにはアミノ酸が豊富に含まれていますが、特に筋肉を強くしてくれる「BCAA(分岐鎖アミノ酸)(※1)」が多いです。

(※1)筋肉を強くするバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の総称。

生活習慣病に繋がりにくい

肉や魚などに含まれている動物性タンパク質は、体内での利用効率に優れているというメリットがあります。しかし、動物性タンパク質を沢山摂取しようとすると、コレステロールや飽和脂肪酸を摂り過ぎてしまい、生活習慣病に繋がってしまう恐れがあります。

一方、植物性タンパク質の代表格でもあるソイプロテインには、コレステロールが含まれていません。また、飽和脂肪酸含有量が低いため、脂質異常症には繋がりにくいです。
さらに、利用効率が動物性タンパク質と同等であるという点も、体に嬉しいポイントです。

筋力維持に役立つ

ソイプロテインには、筋肉を強くしてくれる「BCAA」も含まれています。そのため、筋損傷の抑制や筋力維持にも期待できます。
さらに、エネルギー源であるブドウ糖の筋肉への取り組みを促す作用もあるため、スポーツをする方にもおすすめの成分です。

ソイプロテインの弱点

ソイプロテインには、アミノ酸結合が多いため、消化されるまでに時間がかかるというデメリットがあります。このため、胃腸に少し負担をかけてしまう場合もあります。

しかし、消化吸収に時間がかかる分、体にゆっくりとタンパク質が供給されます。これにより、血液中のアミノ酸濃度が安定するというメリットもあるのです。
血液中のアミノ酸濃度を安定させることは、筋肉の回復や再合成にも役立ちます。

大豆イソフラボンの即効性を求める場合は、ソイプロテインの中でも大豆ペプチド(※1)がおすすめです。
(※1)大豆ペプチドとは、大豆たんぱく質を小さく分解して吸収されやすくしたものです。