イソフラボンサプリ(ソフトカプセル)の特徴

良質なイソフラボンを飲みやすいソフトカプセルで摂ろう

良質なイソフラボンをサプリで摂るなら、飲みやすいソフトカプセルがおすすめです。

ソフトカプセルは、イソフラボンをはじめ様々な成分が、ゼラチンなどで作られたカプセルでしっかりと被われているため質が良いです。
また、密封性が高い分、成分の臭いが気にならないので飲みやすいです。

しかし、ソフトカプセルの保管を誤ってしまうと、変形したり中身が漏れたりする場合があるので注意が必要です。

イソフラボンのソフトカプセルの特徴

ハードカプセルと比べると純度は低いが成分は安定している

ソフトカプセルのイソフラボンサプリは、ハードカプセルのものと比べると純度は低くなりますが、成分の質は安定しています。

ソフトカプセルは、成分を含む液体などがゼラチンでできた皮膜で包まれています。その皮膜の厚さは、ハードカプセルの皮膜と比べると厚くなるため、全体の純度が低いです。

しかし、ソフトカプセルを作る過程では、高圧や高熱を長い時間かけることが少ないため、成分の質は保たれます。また、密封されていることで、成分の酸化が抑えられます。

密封性が高く成分の臭いが気にならない

ゼラチンなどで被われたソフトカプセルは、密封性が高いため成分の臭いを気にせずに飲むことができます。

ソフトカプセルのイソフラボンサプリには、イソフラボンだけでなく、レッドクローバーやグルコサミンなど様々な成分が含まれている製品があります。
このような豊富な成分を含むサプリも、ソフトカプセルなら味や臭いを気にせず楽に飲むことができるのです。

暑いところに保管すると変形して中身が漏れる場合がある

ソフトカプセルのサプリの質を保つためには、温度や湿度が高い場所を避けて保管することが大切です。

ソフトカプセルのサプリを高温の場所に保管すると、熱によってゼラチンが溶け、中身が漏れてしまう場合があります。
また、冷蔵庫に保管してしまうと、出し入れによる温度や湿度の変化によって、サプリが劣化する場合があるので室内に保管しましょう。