骨粗鬆症対策

イソフラボンってどんな成分でしょうか?

イソフラボンは、マメ科の植物に多く含まれる成分です。
ポリフェノールの一種で、葛にも含まれますが、一般的には、大豆イソフラボンが有名だと思います。
イソフラボンの化学構造は、女性ホルモンのエストロゲンに似ています。

そのため、女性ホルモンの不足によって起こる疾患、例えば、骨粗鬆症や更年期障害に対して有効ではないかと注目されています。
この女性ホルモンのエストロゲンがどのようなはたらきをしているのかはhttp://www.synchroboards.com/work.htmlに詳しくまとめてありますのでご覧ください。

また、女性ホルモンの分泌過剰に対して、それを抑える方向に働きかけるため、女性ホルモン過剰によって起こるがん、例えば、乳がんや子宮がんに対しても有効ではないかと考えられています。
他にも、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすため、動脈硬化に効果的という実験結果も出ていますし、美容面では、肌の美白効果や保湿性の向上等に効果があるようです。

又、男性ホルモンの過剰分泌によって起こる前立腺がんに対しても、効果が期待されています。
欧米では、日本人の長寿の秘密が大豆イソフラボンではないかと考えられ、アメリカの国立がん研究所等で研究されているようです。
ユネスコで無形文化遺産に登録された和食が、日本人の長寿に貢献している、その和食に含まれるイソフラボンも、遠い昔から私たちの体に貢献してきたのではないでしょうか。

用途に合わせたイソフラボンの選び方はこちらhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.tv/

このページの先頭へ