粉末タイプのイソフラボンサプリの特徴

【目次】

イソフラボンのサプリには粉末タイプがある

粉末タイプのメリットとは

イソフラボンが吸収されるスピードが錠剤などと比べると早い

好きな飲み物に混ぜて飲むことができる

純度が高い

粉末タイプのデメリット

イソフラボンのサプリには粉末タイプがある

イソフラボンのサプリは、様々なメーカーから販売されており、粉末タイプも存在します。

粉末タイプのイソフラボンサプリなら、効率よく質の良い栄養を吸収できます。また、好きな飲み物に混ぜることができるので、サプリなどを飲むことが苦手な方にもおすすめです。

しかし、粉末タイプは、忙しい方や外出する機会が多い方には向かない場合もあります。

粉末タイプのメリットとは

イソフラボンが吸収されるスピードが錠剤などと比べると早い

粉末タイプの大きなメリットは、摂取してから吸収されるまでの時間が、錠剤やカプセルタイプなどと比べて早いことです。

一般的な錠剤やカプセルタイプは、体内で表面が溶けてから中に含まれている成分が吸収されます。そのため、成分が吸収されるまでに少し時間がかかるのです。
一方、粉末タイプの場合は、カプセルといった壁がないため、胃に入った瞬間からすぐに分解・吸収されるのです。

ですから、効率よくイソフラボンを補給したい場合は、粉末タイプのサプリを選びましょう。

好きな飲み物に混ぜて飲むことができる

粉末タイプのサプリなら、水やお茶など好きな飲み物に混ぜて飲むことができるので、味や喉への詰まりを気にせず楽に飲むことができます。水筒に入れれば、場所を選ばずに好きなタイミングで飲めます。

また、イソフラボンの粉末タイプのサプリによっては、1日2g程度で良いものもあります。粉末タイプのサプリを飲み物に混ぜることに抵抗がある方は、こういった1日の摂取量が少ないものを選ぶことをおすすめします。

純度が高い

粉末タイプのサプリは、粉砕(※1)してできるため、基本的に成分の純度が高いです。また、製造の際に、高熱や高圧を長時間かける工程が少ないため、成分も良い状態で配合されます。

イソフラボンの粉末タイプのサプリには、高たんぱくで高品質の大豆が使用されているものや、健康に嬉しい様々な成分も一緒に配合されているものもあります。
粉末タイプのサプリなら、こういった質の良い原料を高い純度で得ることができるのでおすすめです。

(※1)粉砕(ふんさい)とは、粉状に細かく砕くこと

粉末タイプのデメリット

粉末タイプのサプリは、忙しい方や外出が多い方には向かない場合があります。

粉末タイプをそのまま飲んだ場合、口の粘膜などに付着して、うまく飲めないことがあります。また、飲み物に混ぜて飲む場合は、摂取量を正しく測って入れる必要があります。

このように、粉末タイプのサプリを飲むときは、時間と手間が少しかかる場合があるため、家でゆっくりサプリを飲む時間がない方や外出が多い方は、カプセルタイプや錠剤タイプのものがおすすめです。