イソフラボンと一緒にプラセンタを摂取するメリットとは

イソフラボンと一緒に女性に嬉しい働きをもつプラセンタを摂ろう

女性が美しい肌と元気な体を保つためには、イソフラボンと一緒にプラセンタを摂取しましょう。

プラセンタとは、哺乳類の胎児を成長させるための胎盤のことをいいます。このプラセンタには、アミノ酸やビタミン類をはじめ様々な栄養素が豊富に含まれています。
プラセンタとイソフラボンは、どちらもホルモンバランスを整える働きをもっています。またこれらの成分には、肌のハリと透明感の維持や、免疫力の向上に役立つ力があるのです。

イソフラボンとプラセンタを毎日一緒に摂るなら、サプリがおすすめです。

イソフラボンと一緒にプラセンタを摂取するメリットとは

ホルモンバランスの乱れを緩和することができる

イソフラボンとプラセンタには、どちらも女性ホルモンと似た働き(エストロゲン様作用)があります。ですから、2つの成分を一緒に摂ることで、ホルモンバランスの乱れの緩和により期待できます。

女性ホルモンのエストロゲンは、卵巣から分泌されます。しかし、この卵巣の機能は、更年期(※1)に入ると低下してしまうのです。
卵巣の機能が低下すると、エストロゲンがうまく分泌されなくなり、もう一つの女性ホルモン(プロゲステロン)とのバランスが乱れやすくなります。
ホルモンバランスが乱れてしまうと、自律神経も乱れて頭痛などの更年期症状に繋がりやすくなるのです。

イソフラボンと一緒にプラセンタを摂取することで、不足したエストロゲンと似た働きをより補うことができます。2つの成分のエストロゲン様作用を得ることができれば、ホルモンバランスの乱れを緩和させることが叶うのです。

(※1)加齢によって月経が終わる時期。45~55歳頃。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成量を高めることができる

エストロゲン様作用をもつイソフラボンとプラセンタを一緒に摂ることで、肌のハリに必要なコラーゲンと、潤いを保つヒアルロン酸の生成量のアップに期待できます。

女性ホルモンのエストロゲンには、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける働きがあります。イソフラボンとプラセンタを摂取して、エストロゲンと似た働きを得られれば、コラーゲンとヒアルロン酸の生成量を高めて若々しい美肌へと近づけます。

さらにプラセンタには、肌の真皮層(※2)に存在する「線維芽細胞」を増殖させる力もあります。
コラーゲンやヒアルロン酸は、この線維芽細胞によって産み出されます。しかし、繊維芽細胞の自己増殖能力は20歳後半から徐々に低下していきます。
そのため、コラーゲンとヒアルロン酸の量を維持するためには、イソフラボンだけでなく、繊維芽細胞を増殖させるプラセンタを意識して摂取することが大切です。

(※2)人の皮膚は、外側から順に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層によって構成されています。

シミの発生を抑えることができる

イソフラボンとプラセンタは、シミの原因になるメラニンの増加を抑える働きをもっています。そのため、2つの成分を一緒に摂ることで、透明感のある肌により近づくことができるのです。

さらに、プラセンタは皮膚細胞の新陳代謝を高めて、余分なメラニンの排出を促してくれます。

イソフラボンの美肌づくりに役立つ働きについて詳しくはこちら

体内の抗酸化力を高めることができる

イソフラボンとプラセンタには、細胞を酸化から守る「抗酸化作用」があります。そのため、一緒に摂ることで、体内の抗酸化力の向上に期待できます。

ストレスや喫煙などの影響を体が受けると、強い酸化力をもつ活性酸素が多く発生します。この活性酸素が増加すると、細菌やウイルスだけでなく、問題がない細胞やコラーゲンまでダメージを受けてしまうのです。

イソフラボンとプラセンタの抗酸化作用によって、過剰な活性酸素を減らすことができれば、細胞やコラーゲンなどを酸化から守ることができます。
免疫細胞を活性酸素による酸化から守ることができれば、免疫力のアップにも期待できます。

イソフラボンとプラセンタという2つの抗酸化成分を一緒に摂って、体内の抗酸化力を高めましょう。

イソフラボンの抗酸化作用について詳しくはこちら

イソフラボンとプラセンタを一緒に摂るならサプリがおすすめ

イソフラボンとプラセンタを毎日一緒に摂るなら、これらの成分が一緒に配合されたサプリがおすすめです。

プラセンタは、メロンに多く含まれています。しかし、毎日プラセンタをイソフラボンと一緒に補うなら、サプリから摂った方が効率が良いといえます。
イソフラボンとプラセンタが一緒に配合されているサプリなら、より手軽にこれらの成分を補うことができます。