ハリの改善に嬉しいイソフラボンの働き

イソフラボンの抗酸化作用とエストロゲン様作用がハリのある肌へと導く

年齢を重ねて肌のハリが衰えてきたと感じる方には、大豆などに含まれているイソフラボンがおすすめです。

イソフラボンには、細胞を傷つける活性酸素を除去する働き(抗酸化作用)と、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)があります。
これらの働きをもつイソフラボンは、ハリの維持に必要な成分を守ったり生成を助けたりして、女性のハリの改善をサポートしてくれるのです。

イソフラボンの抗酸化作用がコラーゲンと線維芽細胞を守る

肌のハリを保つためにはコラーゲンや線維芽細胞の働きが必要

ハリを改善するためには、真皮層(※1)に存在する繊維芽細胞の働きを維持し、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの生成をサポートすることが大切です。
(※1)人の皮膚は、外側から順に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で構成されています。

真皮層では、コラーゲンが網目状に広がっており、ハリと弾力を維持する役割を果たします。このコラーゲンの網の目部分を結び付けているのが、エラスチンです。
ヒアルロン酸は、網目状のコラーゲンの間を埋めるように存在し、水分を維持することでハリを保っています。

そして、これらの成分を生み出しているのが、繊維芽細胞です。ですから、ハリを改善して若々しい肌を叶えるためには、これらの成分と細胞を守り正常な働きを保つ必要があるのです。

イソフラボンの抗酸化作用が活性酸素の影響を抑制する

ハリに必要なコラーゲンやヒアルロン酸、繊維芽細胞などは、活性酸素(※2)の攻撃を受けると傷つき、機能が低下してしまいます。その結果、ハリの衰えにも繋がってしまいます。
(※2)活性酸素は、ストレスや紫外線、喫煙などの影響を受けると増加し、健康な細胞を酸化させます。

イソフラボンがもつ抗酸化作用によって、過剰に発生した活性酸素が除去されれば、コラーゲンやヒアルロン酸、繊維芽細胞などの機能を守り、ハリを保つことができるのです。

イソフラボンのエストロゲン様作用がコラーゲンやエラスチンの生成を助ける

体内のエストロゲンは、繊維芽細胞に作用し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成や分解を促す働きがあります。
ですから、イソフラボンによってエストロゲン様作用が発揮されれば、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成が高まるのです。

実際に行われた閉経後の女性を対象とした臨床試験では、イソフラボンを摂取したところ、肌の弾力性が改善したことが報告されています。

イソフラボンをサプリで摂るならエクオールがおすすめ

エストロゲン様作用を目的として、イソフラボンをサプリメントで摂るなら「エクオール」がおすすめです。

エクオールは、アグリコン型イソフラボンの一種であるダイゼインが、腸内細菌(エクオール産生菌)によって変換されたものです。
ダイゼインは、エクオールに変換されることで、エストロゲン様作用が強くなるのです。しかし、エクオール産生菌は、全ての人の体内に存在しているわけではありません。

ダイゼインのままでも、エストロゲン様作用に期待することができますが、エストロゲンの分泌が減少する更年期の女性には、エストロゲン様作用が高いエクオールがおすすめです。
また、確実にエクオールを得るなら、サプリメントから補うことが望ましいです。