更年期障害の予防・改善にはイソフラボンがおすすめ

イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがある

大豆などに含まれているイソフラボンには、更年期障害の予防・改善に役立つ「エストロゲン様作用」があります。
このエストロゲン様作用とは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きのことをいいます。

更年期障害は、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れが深く関わっています。ですから、エストロゲン様作用があるイソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスを整えて更年期障害の症状を抑えることが叶うのです。

加齢によるエストロゲンの減少が更年期障害を引き起こす

更年期による卵巣の機能低下が自律神経に悪影響を与える

女性は、45~55歳の更年期に入ると、エストロゲンを分泌する卵巣の組織が変化します。
エストロゲンは、卵巣の中にある卵胞から分泌されますが、更年期に入ってこの卵胞が消失すると、エストロゲンといったホルモンの産生が低下してしまうのです。

更年期より前の女性は、脳の視床下部からの指令により、卵巣からエストロゲンが分泌されます。しかし、更年期に入って卵巣の機能が衰えてしまうと、脳がいくら指令を出してもエストロゲンは正常に分泌されないため、視床下部が混乱します。

視床下部は、自律神経の働きもコントロールしているため、視床下部が混乱してしまうと自律神経の働きまで乱れてしまうのです。

自律神経失調症の症状が出た後に精神症状が現れる

エストロゲンは、生殖だけでなく、様々な臓器に働きかけて多くの役割を果たしています。
このエストロゲンが加齢によって減少することで、まず急に大量の汗がでるホットフラッシュや、のぼせなど自律神経失調症の症状が現れます。
そして、このような症状が出た後に、うつや不眠、倦怠感といった精神の症状が起こります。

さらに、エストロゲンの働きを得られない臓器にも変化が現れ、骨量の減少や脂質異常症などにも繋がってしまう恐れがあるのです。

イソフラボンのエストロゲン様作用が更年期障害の症状を抑える

エストロゲン様作用があるイソフラボンを摂取することで、不足してしまったエストロゲンと似た働きを補うことができます。
そして、エストロゲンと似た働きを補い、ホルモンバランスと自律神経の乱れを防ぐことができれば、ホットフラッシュやのぼせ、イライラやうつなどの症状を和らげることが可能になるのです。

更年期障害の症状を抑えるなら、イソフラボンの中でも、エストロゲン様作用が高い「エクオール」のサプリメントがおすすめです。
エクオールを一日10mg摂取することによって、更年期症状の改善に期待できることが研究発表で報告されています。

エクオールについて詳しくはこちら