イソフラボンは女性の記憶力の維持をサポートする

イソフラボンのもつ2つの働きが記憶力の低下を抑える

大豆などに含まれているイソフラボンには、記憶力の維持に役立つ2つの働きがあります。
一つは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きです。この働きは、エストロゲン様作用と呼ばれています。
実は、女性の記憶力の低下は、加齢によるエストロゲンの減少が原因で起こる場合があるのです。

そして、もう一つの働きが、細胞にダメージを与えて機能を低下させる活性酸素を除去する働きです。この働きを、抗酸化作用といいます。
イソフラボンに含まれているこれらの働きが、女性の記憶力の維持をサポートしてくれます。

エストロゲン様作用がもの忘れといった更年期による症状を抑える

エストロゲンの減少は脳の処理速度にも影響を与える

卵巣から分泌されるエストロゲンには、セロトニンといった神経伝達物質の量を増やして作用を増強する働きがあります。それにより、情報反応の処理に関わる扁桃体や、記憶に関わる海馬の働きが維持されます。

しかし、更年期に卵巣の機能が低下してエストロゲンの分泌量が減少すると、神経伝達物質が不足し、扁桃体や海馬などの処理速度が低下します。
その結果、もの忘れをしやすくなってしまうのです。

エストロゲンには脳血管を拡張して記憶能力を改善する働きがある

理化学研究所が行ったマウスを使用した実験によって、エストロゲンには脳の血管を拡張して血流を増やし、記憶能力を改善させる力があることがわかりました。

実験で、脳の血流の低下で記憶力が落ちたマウスにエストロゲンを投与されたところ、血流が良くなって脳の神経細胞の状態が回復したと報告されています。
このように、エストロゲンによる血流の改善は、記憶能力にも良い影響を与えることが期待できます。

しかし、米国の研究では、女性ホルモンの補充は認知症の予防には効果がないと報告されています。エストロゲンの減少は、更年期のもの忘れなどの原因に繋がりますが、エストロゲンを補給すれば必ず認知症が治るということではないのです。

イソフラボンの摂取でエストロゲンと似た働きを補える

イソフラボンを摂取することで、更年期に減少してしまったエストロゲンと似た働きを補うことができます。

このエストロゲン様作用によって、神経伝達物質の減少を抑制することができれば、もの忘れといった更年期の症状が抑えられます。
また、脳の血管が拡張されて血流が改善されれば、記憶能力を維持することができるのです。

イソフラボンの抗酸化作用が酸化による脳へのダメージを防ぐ

ストレスや喫煙などの影響を体が受けると、体内で活性酸素が増加します。この活性酸素は酸化力が非常に強いため、増加すると健康な細胞まで酸化させてしまうのです。
脳が活性酸素によって酸化ダメージを受けてしまうと、記憶力が衰えてしまう恐れがあります。

イソフラボンの抗酸化作用で、体内で増えすぎてしまった活性酸素が除去されれば、脳へのダメージを防ぎ、記憶力の低下を抑制することが叶うのです。

イソフラボンをサプリで摂るならエクオールがおすすめ

エストロゲン様作用を目的として、イソフラボンをサプリメントで摂るなら「エクオール」がおすすめです。

エクオールは、アグリコン型イソフラボンの一種であるダイゼインが、腸内細菌(エクオール産生菌)によって変換されたものです。
ダイゼインは、エクオールに変換されることで、エストロゲン様作用が強くなるのです。しかし、エクオール産生菌は、全ての人の体内に存在しているわけではありません。

ダイゼインのままでも、エストロゲン様作用に期待することができますが、エストロゲンの分泌が減少する更年期の女性には、エストロゲン様作用が高いエクオールがおすすめです。
また、確実にエクオールを得るなら、サプリメントから補うことが望ましいです。