骨粗鬆症対策

骨粗鬆症対策にイソフラボンをお勧めしたい理由

イソフラボンは、特に大豆胚芽に多く含まれていると言われています。
大豆のようなマメ科の植物に、たくさん含まれているのです。
様々な働きが期待されているイソフラボンですが、骨粗鬆症対策にもお勧めの成分であることをご存知でしょうか。

骨粗鬆症は、特に閉経した女性の方に多く見られる病です。
とは言え、もちろん男性も注意しなければならない病気です。
男性であれば、50代頃から多く見られてきます。

女性はこれよりも早く40代くらいから発症します。
そして、閉経を境にして増えるのです。
骨粗鬆症が原因で、背部痛や腰痛を訴える方もいらっしゃいますが、場合によっては、寝たきりになることもある怖い病なのです。

イソフラボンは、http://xn--eck7bvd2a5dzc.net/ca.htmlでも詳しく解説されていますが、
大切な骨からカルシウムが溶けて行くのを抑えてくれます。
女性ホルモンが少なくなることで、骨からカルシウムがどんどん溶け出して行きます。
これが、閉経後の女性に骨粗鬆症が増加する理由の一つです。

イソフラボンを摂りいれることで、女性ホルモンが激減するのを穏やかにすることができます。
骨粗鬆症対策を考えるなら、運動も積極的に行うことをお勧めします。
又、お日様の光を浴びることも必要です。
食事に気を付けて、運動を心がける。
そしてイソフラボンを摂るようにすると良いでしょう。
大豆食品に含まれている成分という事なので、普段から食事で摂取しやすいですが、外食ばかりや偏食の人では不足している可能性があります。
食事から摂りきれない時は、サプリメントでイソフラボンを摂るようにしてみてはいかがですか?

このページの先頭へ