骨粗鬆症対策

効果的な摂取タイミングはいつですか?

イソフラボンの素晴らしさは、色々なところで目にすることがあります。
私たちが昔から食べてきた和食に、度々登場するお豆腐や納豆、おから、味噌醤油などにも、大豆が使われていますから、上手に無理なく食べている方が多いと思います。
美味しいだけでなく、体にも良いこれらの食品は、食べ過ぎに注意しながら摂り続けて頂きたいと思います。
イソフラボンを食事から摂取するときの目安の量はこちらに載っていますので参考にしてください。

イソフラボンを、サプリメント等のような健康食品で補う場合、できるだけ効率的に無駄なく摂取したいと考えると思います。
せっかく良い成分を摂りいれるのであれば、一番良い方法で摂りたいでしょう。
それなら、空腹のときに摂るようにすると良いと思います。

空腹時に摂るようにすれば、よりしっかりと体が吸収率しようとしますから、良いタイミングだと思います。
又、朝一番に摂って頂くのもオススメです。
朝も空腹状態になっていますから、やはり吸収しやすいでしょう。

もちろんイソフラボンは、薬ではないのであまり気にせずに摂って頂いても問題ないと思います。
但し、くれぐれも摂り過ぎには注意するようにして下さい。
人気のイソフラボンサプリメントが載っているランキングサイトなどを参考に試してみると良いでしょう。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですから。
食事から摂る量を考えながら、試してみて頂きたいと思います。

このページの先頭へ