イソフラボンの効果がでないときはどうすれば良い?

効果がでないときはイソフラボンの種類や摂取する期間を見直そう

イソフラボンを摂取しても望むような変化が見られない場合は、摂取しているイソフラボンの種類や、摂取する期間を見直してみることが大切です。

イソフラボンには、吸収されにくいグリコシド型と、吸収されやすいアグリコン型のものがあります。また、よりエストロゲン様作用(女性ホルモンと似た働き)が高い「エクオール」のサプリを摂取するのもおすすめです。

イソフラボンは、たとえすぐに効果が現れなくても、毎日摂取を続けることが望ましいです。

イソフラボンの効果がでないときは

イソフラボンの種類を確認してみよう

イソフラボンは、吸収されにくいグリコシド型ではなく、吸収されやすいアグリコン型のものを選びましょう。

納豆や豆腐、豆乳など多くの大豆食品に含まれているイソフラボンは、グリコシド型です。このグリコシド型には糖がついているため、腸内細菌の働きによって分解されなければ吸収されず、役割を果たすことができないのです。

一方、味噌や醤油に含まれるアグリコン型イソフラボンなら、既に糖は外れているため、腸内環境に左右されることなくスムーズに吸収されます。
ですから、グリコシド型イソフラボンを含む食品や、サプリを摂取し続けても変化がない場合は、吸収性に優れたアグリコン型のものに変えてみましょう。

アグリコン型イソフラボンについて詳しくはこちら

グリコシド型イソフラボンについて詳しくはこちら

エクオールのサプリを摂取しよう

アグリコン型イソフラボンを含む食品や、サプリを摂取し続けても変化がない場合は、エクオールのサプリを摂取することをおすすめします。

エクオールとは、アグリコン型の一種である「ダイゼイン」が、腸内細菌(エクオール産生菌)の働きによって変換された成分です。
エクオールがもつエストロゲン様作用は、ダイゼインといった他のイソフラボンと比べると高いので、ホルモンバランスの維持や更年期症状の抑制などに期待できます。

しかし、このエクオールをつくる腸内細菌は、全ての人の腸内に存在しているわけではありません。日本人の場合、エクオールをつくれる人は2人に1人だといわれています。
そのため、エクオールのもつ高いエストロゲン様作用を得るためには、エクオールをサプリから摂取することをおすすめします。

イソフラボンのエクオールについて詳しくはこちら

イソフラボンの摂取を長期間続けよう

イソフラボンのもつ働きを十分に得るためには、毎日摂取を続けることが大切ですので、変化がないからといってすぐに摂取を辞めないようにしましょう。

アグリコン型イソフラボンの場合は、摂取してから2時間後に最も吸収されますが、2日以内には排出されてしまいます。ですから、イソフラボンの力をしっかりと得るためには、イソフラボンは毎日欠かさずに摂取を続けることが大切です。

イソフラボンをサプリから摂取する場合も、最低でも3ヵ月は続けることが望ましいです。
第31回日本女性医学学会学術集会では、エクオールを6か月以上摂取した女性(40代以上)の多くが、女性特有の悩みのやわらぎを実感したことが発表されました。

イソフラボンを長期間摂取を続けて、元気な体と美しい肌を維持しましょう。