更年期の女性はイソフラボンを摂取して高脂血症を予防しよう

イソフラボンの女性ホルモンと似た働きは高脂血症の予防に役立つ

高脂血症(脂質異常症)とは、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が、正常よりも増えすぎてしまっている状態です。
血液中のコレステロール値が異常になってしまう原因として、脂質や糖質の摂り過ぎが考えられますが、更年期(※1)の女性の場合は、女性ホルモンの「エストロゲン」の減少も関係しています。

(※1)更年期とは、閉経をはさむ前後(おおむね45~55歳)の期間を指します。

更年期女性の高脂血症の予防におすすめな成分が、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをもつイソフラボンです。

女性ホルモンのエストロゲンの減少は悪玉コレステロール値の上昇に繋がる

卵巣から分泌されたエストロゲンは、血液中の悪玉コレステロールを肝臓に取り込むために重要な役割を果たします。その働きのおかげで、更年期より前の女性は男性と比べると、悪玉コレステロールが増えにくいのです。

しかし、更年期に入ると、エストロゲンを分泌する卵巣の機能が低下していきます。それに伴い、分泌されるエストロゲンの量も減少していってしまうのです。
エストロゲンの量が減ると、血液中の悪玉コレステロールが肝臓まで十分に回収されにくくなり、悪玉コレステロール値が上昇してしまいます。

そして、血液中に悪玉コレステロールが増加すると、血管壁に入り込んで塊(プラーク)を形成します。この塊が大きくなってしまうと、血管の内側が狭くなり、血液が流れにくくなる「動脈硬化」へと繋がってしまうのです。

イソフラボンの摂取でコレステロールが下がったことが確認された

大豆などに含まれているイソフラボンには、エストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)があります。
このイソフラボンのエストロゲン様作用によって、悪玉コレステロールの増加が抑えられれば、高脂血症を引き起こすリスクを減らすことができるのです。

実際に、ブラジル日系人女性がイソフラボンを1日約23.3mg、3週間摂取したところ、高コレステロール血症が正常値まで下がったことがわかりました。

イソフラボンをサプリで摂るならエクオールがおすすめ

エストロゲン様作用を目的として、イソフラボンをサプリメントで摂るなら「エクオール」がおすすめです。

エクオールは、アグリコン型イソフラボンの一種であるダイゼインが、腸内細菌(エクオール産生菌)によって変換されたものです。
ダイゼインは、エクオールに変換されることで、エストロゲン様作用が強くなるのです。しかし、エクオール産生菌は、全ての人の体内に存在しているわけではありません。

ダイゼインのままでも、エストロゲン様作用に期待することができますが、エストロゲンの分泌が減少する更年期の女性には、エストロゲン様作用が高いエクオールがおすすめです。
また、確実にエクオールを得るなら、サプリメントから補うことが望ましいです。

エクオールについて詳しくはこちら