イソフラボンのエストロゲン様作用はホルモンバランスの改善に役立つ

イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがある

イソフラボンがもつ女性に嬉しい働きは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)です。
この働きは、乱れたホルモンバランスを整え、ほてりやイライラなどの不快な症状を改善へと導いてくれます。

エストロゲンの減少が大きい更年期の女性は、イソフラボンを意識的に摂取することをおすすめします。

エストロゲン様作用がホルモンバランスの乱れで起こる症状を抑制する

エストロゲンが減少すると頭痛といった不快な症状が起こる

ストレスや、加齢による卵巣の機能低下によってエストロゲンの分泌量が減少すると、自律神経にも悪影響を与え、のぼせや動悸などの不快な症状を招きます。

エストロゲンといった女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部から送られる指令よってコントロールされています。しかし、卵巣の機能が低下してエストロゲンの分泌量が低下すると、脳はエストロゲンの分泌を促すために、視床下部からさらに指令を出します。その繰り返しで、視床下部は混乱してしまうのです。

視床下部は、女性ホルモンだけでなく自律神経などもコントロールしているため、視床下部が混乱してしまうと、それらのバランスも乱れます。その結果、頭痛や動悸、イライラなどの症状が起きてしまうのです。

エストロゲンと似た働きを補うことでホルモンバランスを整える

摂取したイソフラボンによって、体内でエストロゲン様作用が発揮されれば、エストロゲンの働きを補うことができます。
イソフラボンのエストロゲン様作用が、減っていくエストロゲンに代わって働くことができれば、ホルモンバランスの乱れを抑えられます。

そして、ホルモンバランスを整えることで自律神経の乱れも防ぐことができ、イライラや頭痛などの不快な症状が起こりにくくなるのです。

エクオールでホットフラッシュを軽減しよう

エクオールはエストロゲン様作用が高い

エクオールとは、イソフラボンの一種であるダイゼインが、腸内細菌(エクオール産生菌)の働きによって変換されたものです。

ダイゼインについて詳しくはこちら

ダイゼインのままでも、エストロゲンと似た働きがありますが、その力は穏やかです。しかし、エクオール産生菌によってエクオールに変換されることで、エストロゲン様作用がより強くなります。

エクオールの摂取はホットフラッシュの軽減に期待できる

ホルモンバランスが乱れると、急なのぼせやほてり、暑くないのに汗が出るなどの「ホットフラッシュ」の症状が起こる場合があります。
エクオールは、このホットフラッシュの軽減効果が試験によって明らかにされています。

ホットフラッシュがあってエクオールを産生できない(※1)閉経後の女性が、エクオール10mgを毎日12週間摂取した結果、ホットフラッシュの回数が減少したと報告されています。
また、エクオールを摂取した人は、肩や首のこりが軽減したことも確認されています。

(※1)エクオール産生菌は全ての人の腸内に存在しているわけではありません。日本人の場合、エクオールをつくれる人は2人に1人だといわれています。

このように、エクオールの力は、ホルモンバランスの乱れによるホットフラッシュなどの症状を抑えてくれるのです。
このエクオールの力を確実に得るためには、エクオールのサプリメントを取り入れることをおすすめします。