イソフラボンの分類について(グリコシド型)

イソフラボンは、体内で女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをしてくれる成分で、大豆などに多く含まれています。このイソフラボンには、「グリコシド型」と「アグリコン型」という2つの種類があります。

グリコシド型イソフラボンとは

豆腐や納豆、豆乳など一般的な大豆食品に含まれているイソフラボンは、ほとんどがこのグリコシド型イソフラボンです。

グリコシド型は、イソフラボンの周りに「糖」が結合しているため、分子量が大きいという特徴があります。そのため、このままの状態では体内でうまく吸収することができません。
また、アグリコン型と女性ホルモンであるエストロゲンは、分子構造がよく似ていますが、グリコシド型は少し違います。

グリコシド型イソフラボンの吸収性

前項でもご紹介したように、グリコシド型はイソフラボンの周りに糖がついています。この糖がさまたげとなるため、体内でスムーズに吸収されず、吸収には時間がかかります。
グリコシド型イソフラボンは、摂取してから吸収されるまでに約6~8時間程かかるといわれています。

このグリコシド型イソフラボンは、腸内細菌の働きによって糖が分解された状態(アグリコン型)になることで体内に吸収され、イソフラボンとしての効果を発揮します。
しかし、腸内環境には個人差があるため、吸収される量も人によって違いがあるのです。
摂取したグリコシド型イソフラボンのうち、アグリコン型へと分解されて体内に吸収されるのは2割程度と言われています。残りの8割は、6~8時間の間に腸のぜん動運動のほうが早く作用して、吸収されずに体外へ排出されてしまうのです。

グリコシド型イソフラボンを抽出できる方法

大豆からイソフラボンを抽出する方法は、以下の3つです。

1) 発酵されていない大豆の胚芽部分から抽出する方法
2) 発酵した丸大豆から抽出する方法
3) 発酵した大豆の胚芽部分から抽出する方法

この3つの方法のうち、グリコシド型イソフラボンを抽出する方法は、発酵されていない大豆の胚芽部分から抽出する方法です。
しかし、この方法で抽出されるイソフラボンは、吸収率も悪く抗酸化作用(※1)も低いです。
(※1)抗酸化作用とは、細胞を酸化させる活性酸素を除去する働きのことをいいます。

グリコシド型とアグリコン型はどちらがおすすめ?

これまでご紹介したように、グリコシド型は吸収率や吸収スピードが良いとはいえず、腸内細菌によってアグリコン型に変換されなければ、力は十分に発揮されません。

ですから、エストロゲン様作用や抗酸化作用を目的としてイソフラボンを摂取するなら、吸収率や吸収スピードが良く、エストロゲンと分子構造がよく似ているアグリコン型のものがおすすめです。
アグリコン型は、味噌や醤油に含まれているので、毎日の食事に意識して取り入れましょう。