アグリコン型イソフラボンの種類(グリシテイン)

グリシテインとは

大豆などに含まれているイソフラボンには、「グリコシド型」と「アグリコン型」という2つの種類があります。

グリコシド型は、イソフラボンの周りに糖がついている状態のイソフラボンで、豆腐や豆乳、納豆などの大豆食品に含まれています。
一方アグリコン型は、腸内細菌の働きなどによって糖が分解された状態のイソフラボンで、味噌や醤油に含まれています。

さらに、アグリコン型は3つの種類に分類され、グリシテインはその中の一つです。アグリコン型はグリシテインの他に、「ダイゼイン」と「ゲニステイン」という種類があります。

グリシテインは他のアグリコン型と何が違うのか

抽出される量が少ない

グリシテインは、ダイゼインやゲニステインと比べると、大豆から抽出される量が少ないです。

発酵された大豆の胚芽部分から抽出されるイソフラボンは、ダイゼインが約70%を占めており、グリシテインは約20%程しか含まれていません。
また、発酵した丸大豆(※1)から抽出されるイソフラボンは、ゲニステインが約50%、ダイゼインが約40%で、グリシテインはわずか約10%程です。
(※1)丸大豆とは、丸い状態のままの大豆のことを指します。

このように、グリシテインは他のアグリコン型と違って、発酵した大豆のどの部分から抽出したとしても量が少ないのです。

エストロゲン様作用がほとんどない

イソフラボンの女性に嬉しい働きの一つは、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きです。エストロゲン様作用は、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる様々な症状(※2)を緩和してくれます。
(※2)自律神経失調症、更年期障害、肌荒れなど。

体内のエストロゲンは、エストロゲン受容体(レセプター)にはまることで働きます。
アグリコン型イソフラボンの中でも、ゲニステインが最もエストロゲン受容体との親和性が高く、エストロゲン様作用が強いです。ダイゼインは、エストロゲン受容体との親和性が低いですが、その分働きが穏やかですので、からだに優しく安全性が高いです。

しかし、グリシテインは、このエストロゲン様作用がほとんどないか、あっても作用が弱いといわれているのです。ですから、グリシテインはアグリコン型ではありますが、エストロゲン様作用に期待することはできません。