イソフラボンを摂取して太ることはあるのか

イソフラボンの摂取のために大豆食品を食べ過ぎると太る原因に繋がる

イソフラボンを十分に摂取するために、大豆食品を食べ過ぎてしまうと、太ってしまう恐れがあります。

大豆100gあたりのカロリーは、約450kcalです。また、大豆食品には、納豆や豆腐など様々な種類がありますが、その中でも豆乳や納豆がカロリーが高いです。
そのため、イソフラボンを摂取する場合は、大豆食品を食べ過ぎないように注意するか、サプリメントなどで決められた量を摂取することをおすすめします。

イソフラボンには、女性を丸みを帯びた体作りに役立つ「エストロゲン様作用」があるので、量に注意して適度に取り入れましょう。その結果、太ることなく理想的な体型に近づけます。

豆乳と納豆がカロリーが高い

大豆食品には数多くの種類がありますが、その中でも特に豆乳や納豆がカロリーが高いです。

豆乳は、約200mlあたり約100kcalもあります。ですから、一日に何杯も飲んでしまうと、カロリーの摂り過ぎで体重増加に繋がってしまいます。さらに、豆乳の飲みすぎは、カロリーだけでなくイソフラボンの過剰摂取にも繋がってしまいます。

また、意外と納豆も高カロリーで、納豆1パックあたり(約50g)のカロリーは、約100kcalです。ですから、毎食納豆を食べると、納豆だけで約300kcalも摂取してしまいます。
それに対して豆腐は、約100gあたりで約55kcalと低カロリーです。しかし、納豆や豆乳などと一緒に沢山食べてしまうと、太る原因になります。

イソフラボンを大豆食品から摂取するなら食べ過ぎに注意しよう

イソフラボンを大豆食品から毎日摂取するなら、摂取する量に気を付けて食べ過ぎないことが大切です。

豆乳や納豆など高カロリーな大豆食品をあわせて沢山とってしまうと、体重増加に繋がってしまうため、量を調節したり食べる日を決めたりするなど工夫をしましょう。
また、イソフラボンを大豆食品から毎日摂取するなら、低カロリーな豆腐がおすすめです。豆腐からイソフラボンを摂取する場合でも、食べ過ぎないように注意してください。

イソフラボンには、女性の丸みを帯びた体づくりに役立つ働きがあるので、量に注意して摂取することで太らずに理想的な体型に近づくことができます。