イソフラボンの分類について(大豆胚芽抽出物)

大豆胚芽抽出物とは

イソフラボンは、ポリフェノールの一つで主に大豆に含まれています。大豆の中でも、特に根や芽になる「胚芽」の部分に多く含まれているのです。

このイソフラボンを大豆から抽出する方法には、大豆の胚芽部分から抽出する方法と、発酵した丸大豆から抽出する方法、そして、発酵した大豆の胚芽部分から抽出する方法の3種類があります。

そのうち、発酵されていない大豆の胚芽部分から抽出したものは、「大豆胚芽抽出物」として分類されています。

大豆胚芽抽出物のイソフラボンの特徴

イソフラボンには、「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類があります。発酵されていない大豆の胚芽部分から抽出されるイソフラボンの種類は、グリコシド型です。

グリコシド型とは

グリコシド型イソフラボンは、糖が結合していて分子量が大きいという特徴があります。この糖が吸収のさまたげになるため、グリコシド型イソフラボンの吸収率は、あまり良くありません。
豆腐や納豆などの大豆食品の多くは、このグリコシド型です。

グリコシド型の吸収率

一般的に摂取したグリコシド型イソフラボンのうち、血液中に吸収されるのは2割程度で、残りの8割は体外へ排出されてしまうといわれています。
グリコシド型イソフラボンは、糖がついた状態では吸収されないため、腸内細菌の酵素によって分解される必要があります。この腸内細菌の酵素の働きで、糖が外れたものから吸収されるのです。

このため、グリコシド型イソフラボンは、体内に取り入れてから約6~8時間で吸収のピークを迎えるのです。
このように、グリコシド型イソフラボンは吸収率が悪く、吸収されるスピードも速くはないのです。また、腸内環境は人によって違うため、吸収できる量には個人差があります。

大豆胚芽抽出物のイソフラボンの抗酸化作用

大豆胚芽抽出物のイソフラボンは、発酵大豆胚芽抽出物のものと比べると、活性酸素(※1)を除去する「抗酸化作用」が低いです。
(※1)活性酸素には、体内に侵入した細菌などを退治する役割があります。しかし、酸化力が強いため、ストレスなどの影響で増加してしまうと、健康な細胞まで酸化させてしまうのです。

活性酸素によって細胞がダメージを受けると、細胞がもつ機能が低下してしまい、シワといった肌老化にも繋がってしまいます。また、血液中の悪玉コレステロールが酸化されると、動脈硬化を引き起こすリスクも高くなる恐れがあります。

このような活性酸素による影響を抑えるためには、抗酸化作用をもつ成分が必要です。
発酵されていない大豆から抽出されるイソフラボンは、抗酸化作用が低いため、抗酸化力を求めてイソフラボンを摂取するなら、発酵大豆胚芽抽出物のものがおすすめです。