骨粗鬆症対策

イソフラボンはがん予防もできるのでしょうか

がんと聞くと、怖い病気の一つだと受け取る方が多いと思います。
医学が進歩している現在、がん治療にも目覚ましいものがあります。
もしかかってしまったとしても、早期発見早期治療によって、また元気に暮らしている方も少なくありません。

しかし、できることならがんにならないようにしたい。
予防することができれば、もっと良いと思います。
イソフラボンには、前立線がんのリスクを下げる効果も期待できると言われています。
イソフラボンのがんへの効果はこちらにも詳しく解説されています。

それに、乳がんの予防にも役立つと期待されていますし、子宮がんについても同じように予防できると考えられていますから、男女を問わずがん予防を目的にお勧めしたい成分です。
この他にも、胃がんや肝臓がん、大腸がん、肺がんなども予防できるのではないかと注目されています。
それは、イソフラボンに抗酸化作用があると期待されているからです。

誰も、好き好んで病気になる方はいらっしゃいません。
どんな病気も、もちろんならない方が良いのです。
特に、がんのような怖い病気であれば尚更でしょう。
薬とは異なりますから、摂ってすぐに効果が出てくるとか、絶対にがんになることはないとは言い切れないのですが、予防する為にお勧めであることは間違いありません。
イソフラボンの効果的な摂り方はこちらのサイトで紹介されているのですが、摂り過ぎには注意してください。

がん治療にはプロポリスが良いともいわれています。
プロポリスとがんの関係についてはhttp://xn--zckzcsa6cn1767h.com/のサイトで詳しく解説されています。

コレステロールが原因で起こる病気にはコエンザイムQ10が効果を発揮してくれるそうです。
糖尿病や高血圧、脂質異常症などの三大生活習慣病の予防にも役立つといわれている成分ですので、こちらも積極的に摂取していただきたいです。
コエンザイムQ10は普段の食事からの摂取も可能な成分です。
コエンザイムQ10を多く含んでいる食品はこちらに載っていますが、
イソフラボンを含んでいることで有名な大豆にもコエンザイムQ10は含まれているそうです。
なので大豆製品を食べればイソフラボンとコエンザイムQ10を同時に摂ることができます。

このページの先頭へ