イソフラボンのエクオールとは

エクオールには強いエストロゲン様作用がある

エクオールは、イソフラボンの一種であるダイゼインが、腸内細菌(エクオール産生菌)の働きによって代謝されることで生まれます。
ダイゼインについての詳しい説明はこちら
イソフラボンの女性に嬉しい働きの一つが、女性ホルモンのエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)です。
ダイゼインの状態のままでも、エストロゲン様作用が発揮されますが、ダイゼインがエクオール産生菌によって変換されることで、そのエストロゲン様作用はより強くなるのです。

また、エクオールにはエストロゲン様作用の他に、以下のような作用が認められています。

・抗エストロゲン作用(エストロゲンが過剰なときにその働きを抑える)
・抗酸化作用(体が酸化してサビてしまうのを防ぐ)
・抗アンドロゲン作用(男性ホルモンのアンドロゲンの働きを抑える)

エクオールで更年期障害や肌老化を抑えられる

更年期障害の症状の抑制

エクオールによってエストロゲン様作用が発揮されれば、イライラや頭痛などの更年期障害の症状を抑えることができます。

更年期障害は、卵巣の機能低下によってエストロゲンの分泌量が減り、ホルモンバランスが乱れることで引き起こされます。
エクオールを摂取して、エストロゲンと似た働きを補うことができれば、乱れたホルモンバランスを整えることができ、更年期障害の症状が軽減されるのです。

肌老化の抑制

卵巣で分泌されるエストロゲンは、肌のハリや弾力を保つコラーゲンや、潤いを維持するヒアルロン酸などの生成を促す働きがあります。
ですから、加齢によってエストロゲンが減少してしまうと、コラーゲンやヒアルロン酸も減り、シワやたるみなどの肌老化に繋がってしまうのです。

エクオールを摂取することで、エストロゲンの働きを補い、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を維持することに期待できます。

エクオールは全ての人の腸内でつくられるわけではない

エクオールをつくれる日本人は約半分

エクオールを生み出すエクオール産生菌は、全ての人の腸内に存在しているわけではありません。日本人の場合は、エクオールがつくれる人は約半分しかいないといわれています。

また、大豆を食べる量が少ない若い世代の人や欧米人の場合は、エクオールをつくれる人の割合が約20~30%と少ないです。
このように、大豆を食べる頻度によっても、エクオールをつくれる人の割合は変わっていくのです。

エクオール産生菌を持たない人がエクオールをつくることはできない

残念ながら、2018年現在では、エクオール産生菌を持たない人がエクオールを作ることはできないと考えられています。腸内細菌は一人ひとり違うため、エクオール産生菌を持たない人の腸に、新たに産生菌が住み着くことは難しいからです。

エクオール産生菌を活発にするためには腸内環境が重要

エクオール産生菌は、腸内環境の影響を強く受けています。エクオール産生菌をもっている人であっても、腸内環境が悪ければ産生菌の活動は低下してしまうのです。
ですから、もっているエクオール産生菌を元気な状態にするためには、食物繊維を多く含む根菜やキノコ類などもバランス良く食べることが大切です。

確実にエクオールの力を得るならサプリメントがおすすめ

エクオールの高いエストロゲン様作用を確実に得るためには、エクオールのサプリメントを取り入れることをおすすめします。
サプリメントなら、大豆食品が苦手な人も毎日無理なく摂取することが可能です。

エクオールのサプリメントを摂取する際は、決められた量を必ず守って摂取することが大切です。
エクオールのサプリメントを正しく摂取して、健康的な体と理想的な美肌を叶えましょう。