良い血流を維持するならイソフラボンと一緒にEPAを摂ろう

イソフラボンと一緒にEPAを摂ることで良好な血流を維持できる

血流を改善して健康を維持するためには、イソフラボンだけでなくEPAも一緒に摂取することが大切です。

イソフラボンとEPAには、良好な血流の維持に役立つ様々な働きがあります。
この2つの成分を一緒に摂ることで、血流や血圧の改善に向けて様々な方向からアプローチをして、良い状態を維持できるのです。また、血栓(血の塊)もできにくくすることができます。

普段の食事に、イソフラボンを含む大豆食品やEPAを含む青魚(イワシやサバなど)を取り入れて、血流を良好に保ちましょう。

なぜイソフラボンとEPAを一緒に摂ると良いのか

悪玉コレステロールと中性脂肪の増加を抑えることができる

イソフラボンとEPAには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。そのため、この2つの成分を一緒に摂ることで血流をより良い状態に保つことができます。

血液中に中性脂肪や悪玉コレステロールが過剰に増えると、それらが血管の壁に入り込んでしまいます。すると「マクロファージ」という細胞がこれらを老廃物として認識し、食べて処理をします。
マクロファージは、このような老廃物を沢山取り組むと、やがて死んでしまいます。その部分にさらに中性脂肪や悪玉コレステロールが蓄積すると、血管の内側が狭くなって血流が悪化し、動脈硬化のリスクが高くなってしまうのです。

イソフラボンとEPAは、どちらも過剰な悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす力をもっています。この2つの成分を一緒にとって、悪玉コレステロールと中性脂肪の増加を抑えられれば、血流改善と動脈硬化のリスクの軽減に期待できます。

イソフラボンの動脈硬化予防に役立つ働きについて詳しくはこちら

血圧の上昇を抑えることができる

イソフラボンとEPAには、それぞれ高血圧の予防に役立つ働きがあるため、一緒に摂ることで相乗効果に期待できます。

EPAの高血圧予防に役立つ働きとは

摂取したEPAが赤血球の細胞膜中に取り込まれると、赤血球が柔らかくなります。その結果、血液粘度(※1)が低下して血流がスムーズになり、血圧低下にも繋がるのです。

DHAにも赤血球を柔らかくする働きがありますが、EPAの方が赤血球膜に取り込まれやすく、血液粘度の改善に期待できます。

(※1)血液粘度とは、血液の流れやすさを表す指標です。

イソフラボンの高血圧予防に役立つ働きとは

イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)があります。

女性ホルモンの分泌は、自律神経などを司る「視床下部」でコントロールされています。
加齢などによってエストロゲンの分泌量が減ると、視床下部が混乱して自律神経にも悪影響を与えてしまうのです。自律神経が乱れると、血圧も変動しやすくなります。

イソフラボンを摂取して、エストロゲンと似た働きを補うことができれば、自律神経の働きを保って血圧の変動を防ぐことができます。そして、EPAも合わせて摂ることで、血圧の上昇をより防ぐことができるのです。

イソフラボンの高血圧予防に役立つ働きについて詳しくはこちら

EPAには血栓(血の塊)をできにくくする働きがある

EPAには、血小板凝集を抑制する働きがあるため、血栓の予防にも役立ちます。

血小板は、ダメージを受けた血管壁の局所に粘着して活性化します。活性化した血小板は、他の血小板を集める物質を放出します。その結果、多くの血小板が集められて結合(凝集)し、塊をつくるのです。

EPAの働きによって、血小板の活性化を抑えることができれば、血栓ができるのを防いで心筋梗塞のリスクの軽減へと導かれます。
そのため、健康的な体を維持するためには、イソフラボンだけでなくEPAもしっかりと補うようにしましょう。