イソフラボンは女性の自律神経失調症の予防をサポートする

イソフラボンには自律神経失調症の予防に嬉しい働きがある

更年期以降の女性の自律神経失調症を予防するためには、大豆などに含まれているイソフラボンがおすすめです。

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが乱れることによって、頭痛や動悸など様々な不快な症状が現れる状態のこといいます。
この自律神経失調症が起こる原因の一つとして、更年期に入ると起こる女性ホルモン(エストロゲン)の減少が考えられます。

イソフラボンには、このエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)があるため、摂取することでホルモンバランスを維持し、自律神経の乱れを防ぐことに期待できるのです。

女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって自律神経失調症が起こるメカニズム

エストロゲンが減ってホルモンバランスが乱れると、自律神経のバランス(※1)にも悪影響を与えます。
(※1)自律神経は、活発に活動しているときに働く「交感神経」と、リラックスしているときに働く「副交感神経」の2つが支え合って働くことで正常に機能します。

エストロゲンは、脳にある視床下部が指令を出すことで、卵巣から分泌されます。
しかし、この卵巣の機能は、更年期に入ると衰えてしまいます。それに伴って、分泌されるエストロゲンの量も減っていってしまうのです。

どんなに指令を出してもエストロゲンが正常に分泌されないと、視床下部が混乱します。
この視床下部は、自律神経もコントロールしています。ですから、視床下部の働きが乱れてしまうと、自律神経にも悪影響を与えてしまい、自律神経失調症にも繋がってしまうのです。

イソフラボンを摂取してエストロゲンと似た働きを補おう

エストロゲン様作用があるイソフラボンを摂取することで、更年期に減ってしまったエストロゲンと似た働きを補うことができます。
そして、エストロゲンと似た働きを補って正常にホルモンバランスを保つことができれば、視床下部の混乱を防ぎ、自律神経のバランスも維持できるのです。

このように、イソフラボンを摂取して、更年期の影響で不足したエストロゲンと似た働きが得られれば、頭痛といった様々な不調を招く自律神経失調症の予防が叶えられるのです。

イソフラボンをサプリで摂るならエクオールがおすすめ

エストロゲン様作用を目的として、イソフラボンをサプリメントで摂るなら「エクオール」がおすすめです。

エクオールは、アグリコン型イソフラボンの一種であるダイゼインが、腸内細菌(エクオール産生菌)によって変換されたものです。
ダイゼインは、エクオールに変換されることで、エストロゲン様作用が強くなるのです。しかし、エクオール産生菌は、全ての人の体内に存在しているわけではありません。

ダイゼインのままでも、エストロゲン様作用に期待することができますが、エストロゲンの分泌が減少する更年期の女性には、エストロゲン様作用が高いエクオールがおすすめです。
また、確実にエクオールを得るなら、サプリメントから補うことが望ましいです。

エクオールについて詳しくはこちら