イソフラボンサプリ(ドリンク)の特徴

イソフラボンのサプリはドリンクタイプのものもある

大豆食品に多く含まれるイソフラボンは、ドリンクタイプのサプリでも摂取することができます。ドリンクタイプには、コラーゲンペプチドやプラセンタエキスなど、美容に嬉しい成分が一緒に含まれているものもあります。

味が調整されている製品なら、イソフラボンや他の成分を美味しく摂ることができるので、大豆食品が苦手な方にもおすすめです。
また、吸収性も良いので効率よくイソフラボンを補えます。

しかし、ドリンクタイプの成分の純度は、カプセルといった他の形状のサプリと比べると低いです。

イソフラボンのドリンクタイプの特徴

ドリンクタイプならイソフラボンを手軽に美味しく摂取できる

ドリンクタイプなら、イソフラボンや他の成分をジュースを飲むような感覚で、手軽に美味しく摂ることができます。

蓋を開けたらすぐに飲むことができるので、水を用意する手間もありません。液体なので、カプセルタイプのように喉に引っかかることもなく、楽に飲むことができます。

ドリンクタイプのイソフラボンサプリには、炭酸のものもあります。このような製品なら、大豆独特な味や匂いが苦手な方でもすっきりと飲むことができるのでおすすめです。

ドリンクタイプのサプリは吸収効率が良い

成分の吸収に優れている点も、ドリンクタイプの特徴の一つです。
液体ですので、胃で時間をかけて消化する必要がないため、スムーズに吸収されます。ですから、ドリンクタイプのサプリなら、イソフラボンや他の成分を効率よく成分を補給することができるのです。

純度はカプセルタイプと比べると低い

ドリンクタイプのサプリは、ハードカプセルなど他の形状のものと比べると純度が低い点がデメリットといえます。

ドリンクタイプによっては、酸化防止剤や保存料などが添加されているものもあります。また、水分が多い分、純度が低くなってしまうのです。
製造の過程で熱を長時間かけた際に、成分の質が損なわれる可能性もゼロではありません。

ドリンクタイプは、手軽に美味しくイソフラボンを摂取できる点が魅力ですが、より純度が高いものを摂取するなら、カプセルといった他の形状のものを選びましょう。