イソフラボンは女性のめまい予防をサポートする

イソフラボンの働きはめまい予防に役立つ

めまいの原因として、自律神経の乱れや疲労などが挙げられます。大豆などに含まれているイソフラボンには、このめまいの原因に繋がる自律神経の乱れや、疲労の予防に役立つ2つの働きがあります。

一つは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)です。
自律神経の乱れは、更年期に起こるエストロゲンの減少とも関係しています。ですから、更年期の女性は、普段からイソフラボンを摂取することをおすすめします。

そして、もう一つの働きが細胞を酸化させる酸素(活性酸素)を除去する働きです。この働きを「抗酸化作用」といいます。
この活性酸素が増加すると、めまいの原因にもなる疲労が起こりやすくなる恐れがあります。抗酸化作用がある成分を摂ることで、活性酸素の影響を抑えることができるのです。

女性ホルモンと似た働きがめまいを防ぐ

エストロゲンの減少でめまいが起こるメカニズム

更年期に入ると、エストロゲンを分泌する卵巣の機能が低下していきます。
エストロゲンは、脳の視床下部が指令を出すことで、卵巣から分泌されます。しかし、どんなに指令を出しても、卵巣からエストロゲンがうまく分泌されなければ、視床下部は混乱してしまいます。

この視床下部は、自律神経のバランス(※1)もコントロールしています。ですから、視床下部が混乱してしまうと、自律神経も乱れてしまうのです。
そして、自律神経の働きが乱れて、脳に血液が十分に循環しなくなると、めまいが起こりやすくなります。

(※1)自律神経には、活動しているときに働く「交感神経」と、リラックスしているときに働く「副交感神経」の2種類があります。これらがバランスをとりながら働いて、様々な内臓器官の働きを調節しています。

エストロゲンと似た働きが自律神経の乱れを防ぐ

イソフラボンを摂取して、エストロゲンと似た働きを得ることができれば、視床下部の混乱を防いで、自律神経の正常なバランスを維持できます。
そして、自律神経の正常なバランスを保つことができれば、脳にも血液が十分に循環して、めまいが起こりにくくなるのです。

このようなエストロゲン様作用を得るためにイソフラボンを摂取するなら、イソフラボンの一種である「エクオール」のサプリメントがおすすめです。
このエクオールは、イソフラボン(ダイゼイン)が腸内細菌によって変換されたもので、高いエストロゲン様作用をもっています。

エクオールについて詳しくはこちら

細胞を酸化させる酸素を除去してめまいの原因になる疲労を抑える

細胞を酸化させる酸素は疲労の原因になる

めまいの原因の一つとして、疲労が考えられます。疲労の原因には、体内で過剰に発生した「活性酸素」が関係しています。

この活性酸素は、呼吸をして酸素を吸うだけでも自然と発生し、体内に侵入した細菌やウイルスを退治する役割を果たします。しかし、激しい運動をしたり強いストレスを感じたりすると、活性酸素は増加して健康な細胞まで酸化させてしまうのです。

脳や筋肉などの細胞が酸化されると、それらがもつ機能が十分に果たされなくなり、疲労へと繋がってしまいます。

イソフラボンが細胞を酸化させる酸素の影響を抑える

活性酸素による影響を抑えるためには、イソフラボンといった抗酸化作用がある成分を積極的に摂取しましょう。

イソフラボンは、自ら身代わりに酸化されることで、健康な細胞などを活性酸素から守り、体への影響を抑えてくれます。
このような抗酸化作用によって過剰な活性酸素を減らすことができれば、めまいの原因にも繋がる疲労を防ぎ、元気な体を維持できるのです。