イソフラボンと一緒にDHAを摂取するメリットとは

イソフラボンとDHAを摂って血流の改善やストレスの軽減を叶えよう

イソフラボンと一緒にDHAも補うことで、血流の改善やストレス解消の実現により近づけます。

イソフラボンとDHAは、それぞれ良い血流の維持やストレスの緩和に役立つ働きをもっています。また、イソフラボンだけでなくDHAも合わせて摂ることで、記憶力のアップに期待できます。
ですから、健康維持だけでなく記憶力の向上も叶えたい方は、いわしなどの青魚を食べてDHAを補うようにしましょう。

DHAには、酸化されやすいという弱点があります。イソフラボンには、DHAの酸化の抑制に役立つ働きもあるため、DHAの力を高めるためにはイソフラボンと一緒に摂りましょう。

イソフラボンとDHAを一緒に摂るメリット

良い血流を維持できる

イソフラボンとDHAは、それぞれ良い血流の維持に役立つ働きをもっているため、一緒に摂ることで相乗効果に期待できます。

DHAの血流改善に役立つ働きとは

DHAは、善玉コレステロールを増やして中性脂肪を減らすことで、血液サラサラの状態を守ってくれます。

善玉コレステロールは、血流を悪化させる過剰な悪玉コレステロールを肝臓に回収する役割を担っています。DHAの働きによって善玉コレステロールが増えれば、血液中に余分な悪玉コレステロールが増えるのを抑え、良い血流が保たれるのです。

さらにDHAには、血管壁や赤血球の細胞膜を柔らかくする働きがあります。この働きによって、血管壁や赤血球の柔軟性が保たれれば、血流の悪化を抑えられるのです。
また、血液成分の中でも大きい赤血球の柔軟性を維持することにより、血圧上昇の抑制にも繋がります。

イソフラボンの血流改善に役立つ働きとは

イソフラボンには、細胞や脂質などを酸化から守る「抗酸化作用」があります。この働きによって、血液中の脂質の酸化が抑えられれば、良い血流を維持して動脈硬化のリスクを軽減できます。

血液中の悪玉コレステロールが、「活性酸素(※1)」によって酸化されてしまうと、「過酸化脂質」に変わります。そして、この過酸化脂質が血液中に増加すると、血流が悪化してしまうのです。

イソフラボンの抗酸化作用によって、血液中の悪玉コレステロールの酸化を抑えることができれば、血流悪化の原因になる過酸化脂質の発生を抑制できるのです。
このイソフラボンと、善玉コレステロールを増やすDHAを合わせて摂ることで、血液中のコレステロールを良い状態に保ち、サラサラした血流を維持できます。

(※1)活性酸素は、ストレスなどの影響を受けると増加し、細菌だけでなく問題がない細胞なども酸化させます。

イソフラボンの抗酸化作用について詳しくはこちら

ストレスを軽減できる

DHAのストレスの緩和に役立つ働きとは

実際に行われた研究により、DHAを摂取することで精神面を安定させ、攻撃性を抑えられることが報告されています。

豚を対象として行われた実験では、DHAを毎日飲ませた豚の脳内に、「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンが増加したことがわかりました。
セロトニンは、情報を伝達する重要な役割を担っており、うつ状態や攻撃性を抑えるために必要なホルモンです。セロトニンがしっかりと分泌されれば、質の良い睡眠も叶えられます。

DHAを摂取してセロトニンの減少を抑えることができれば、良好な精神状態の維持に期待できます。

イソフラボンのストレスの緩和に役立つ働きとは

イソフラボンには、「ストレスホルモン」とも呼ばれる「コルチゾール」を抑える働きがあります。

コルチゾールが体内に増加すると、イライラしやすくなり血圧の上昇にも繋がります。
摂取したイソフラボンによって、コルチゾールを合成する酵素の働きを抑えることができれば、ストレスを緩和させることができるのです。

さらに、コルチゾールの分泌が減れば、「抗ストレスホルモン」とも呼ばれるDHEAの分泌が多くなり、ストレスに強い体に近づけます。
DHEAは「若返りのホルモン」とも呼ばれており、肌を若々しく保ったり免疫力を高めたりする働きももっています。

イライラしやすい更年期の女性は、このような働きをもつイソフラボンとDHAを意識的に摂取することをおすすめします。

記憶力の向上に期待できる

DHAには、脳の神経細胞の発育を助けて記憶力を高める力があります。

DHAは、記憶などに関わる脳の「海馬」に多く集まっており、脳を活性化する役割を果たします。この海馬にあるDHAの量が、頭の良さに影響を与えているともいわれています。

一方、イソフラボンの摂取による認知機能への影響に関する研究は、十分ではありません。
閉経後の女性がイソフラボンを処方されたことで、認知機能が改善したとの報告もあります。しかし、別の研究では、イソフラボンによる認知機能の改善効果は見られなかったとの報告もあります。

ですので、健康だけでなく記憶力も維持したい方は、イソフラボンだけでなくDHAも一緒に摂ることをおすすめします。

イソフラボンの働きが摂取したDHAの酸化を抑える

DHAは脂質の一種であり、酸化しやすいという弱点があります。そのため、DHAのもつ力を効率良く得るためには、抗酸化力をもつイソフラボンと一緒に摂取しましょう。

イソフラボンを摂取して体内の抗酸化力を高めることができれば、DHAが活性酸素によって酸化されるのを抑えられます。