グリコシド型イソフラボンの種類(ダイジン)

イソフラボンには「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類がある

大豆などに含まれているイソフラボンは、大きく分けて「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類があります。

そのうち、グリコシド型は、イソフラボンの周りに糖が結合している状態のものを指します。イソフラボンの周りに糖が結合しているため、分子量が大きくそのままの状態では吸収されにくいのです。

摂取したグリコシド型イソフラボンは、腸内の腸内細菌の働きによって糖が分解されれば、体内に吸収されるようになります。この糖が外れた状態のイソフラボンは、アグリコン型として分類されます。

ダイジンはダイゼインの配糖体

アグリコン型には、「ダイゼイン」「ゲニステイン」「グリシテイン」の3つの種類があります。そのうち、ダイゼインの配糖体(※1)がダイジンです。
(※1)配糖体は、グリコシドと同じ意味で、「糖」が結合している状態を表します。
配糖体のイソフラボンは、糖が妨げとなって吸収されず、体内で働くことができせん。

このダイジンは、腸内細菌による加水分解反応(※2)を受けると、アグリコン型であるダイゼインを生成します。
(※2)加水分解とは、化合物が水と反応することで起こる分解反応のことをいいます。

このダイゼインの生成には、ビフィズス菌や乳酸菌の「β-グルコシダーゼ」、大腸菌などの腸内細菌が関与しています。

配糖体のイソフラボンのうちアグリコン型に変化して吸収されるのは約2割

前項でもご紹介したように、ダイジンは腸内細菌による働きを受けると、アグリコン型の一種であるダイゼインを生成します。しかし、配糖体のイソフラボンがアグリコン型に分解され、吸収されるのは約2割程です。
残りの8割は、分解や吸収される間(6~8時間)に腸のぜん動運動の方が早く作用し、吸収されずに排出されてしまいます。

また、腸内環境は人によって異なるため、吸収できる量にも個人差があるのです。

ダイゼインになることでエストロゲン様作用が発揮される

エストロゲン様作用とは

イソフラボン(アグリコン型)の注目される働きの一つが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きです。
アグリコン型イソフラボンが、体内でエストロゲン様作用を発揮することができれば、ホルモンバランスの崩れによって起こる自律神経の乱れなどの改善が叶えられます。

ダイゼインがエストロゲン様作用を発揮するメカニズム

腸内細菌の働きによってダイジンがダイゼインになれば、糖が外れている状態ですので吸収されるようになります。そして、このダイゼインがエストロゲン受容体(※3)にはまれば、エストロゲン様作用を発揮することができるのです。
(※3)体内にある女性ホルモンのエストロゲンは、エストロゲン受容体(レセプター)にはまることで働くことができます。

ダイゼインは、エストロゲン受容体との親和性が低いですが、その分働きが穏やかで副作用の心配はありません。
そして、エストロゲン様作用がうまく発揮されれば、ホルモンバランスによって起こる自律神経失調症や更年期障害などの症状が緩和されるのです。

また、ダイゼインが、腸内細菌(エクオール産生菌)の働きによって「エクオール」に変換されれば、エストロゲン様作用がさらに高まります。
しかし、ダイゼインはエクオールに変換されなかったとしても、体内でエストロゲンと似た働きを行うことができます。