イソフラボンの働きは女性の膀胱炎予防に役立つ

イソフラボンの女性ホルモンと似た働きが膀胱炎を予防する

膀胱炎は、尿を溜める膀胱が炎症を起こす病気で、頻尿や排尿痛などの症状が現れます。女性の膀胱炎の原因の一つとして、更年期などに起こる女性ホルモン(エストロゲン)の減少が考えられます。

大豆などに含まれているイソフラボンには、このエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)があるため、膀胱炎を予防するためには積極的に取り入れましょう。

エストロゲンの減少によって膀胱炎が起こるメカニズム

卵巣から分泌されるエストロゲンには、膣粘膜を潤したり厚く丈夫にしたりする働きがあります。

そのため、加齢に伴って卵巣の機能が低下し、分泌されるエストロゲンの量が減ってしまうと、膣粘膜が薄くなって膣内の自浄作用が衰えてしまいます。その結果、細菌に感染しやすくなって膣炎が起こりやすくなってしまうのです。
そして、膣炎になって菌が尿道の方まで回ってしまうと、膀胱炎が起きてしまうのです。

また、分泌されるエストロゲンの量が減ってしまうと、膣だけでなく尿道の粘膜も薄くなってしまいます。それにより、細菌が入りやすい状態になり、膀胱炎が起こりやすくなってしまうのです。

イソフラボンを摂取してエストロゲンと似た働きを補おう

イソフラボンを摂取することで、加齢によって不足したエストロゲンと似た働きを得ることができます。
摂取したイソフラボンによって、エストロゲン様作用が発揮されれば、膣内や尿道の粘膜が薄くなってしまうのを抑えることができます。
そして、膣内や尿道の粘膜を正常な状態で維持することができれば、細菌に感染しにくい環境を保ち、膀胱炎の予防が叶えられます。

イソフラボンをサプリで摂るならエクオールがおすすめ

エストロゲン様作用を目的として、イソフラボンをサプリメントで摂るなら「エクオール」がおすすめです。

エクオールは、アグリコン型イソフラボンの一種であるダイゼインが、腸内細菌(エクオール産生菌)によって変換されたものです。
ダイゼインは、エクオールに変換されることで、エストロゲン様作用が強くなるのです。しかし、エクオール産生菌は、全ての人の体内に存在しているわけではありません。

ダイゼインのままでも、エストロゲン様作用に期待することができますが、エストロゲンの分泌が減少する更年期の女性には、エストロゲン様作用が高いエクオールがおすすめです。
また、確実にエクオールを得るなら、サプリメントから補うことが望ましいです。

エクオールについて詳しくはこちら