イソフラボンを摂取するなら「アグリコン型」を選ぼう

健康のためにイソフラボンを摂るならアグリコン型がおすすめ

イソフラボンのもつ働きを効率よく得るためには、吸収性に優れた「アグリコン型イソフラボン」が含まれている食品やサプリを選ぶことをおすすめします。

このアグリコン型を含む大豆食品は、味噌と醤油だけです。しかし、これらの食材を毎日沢山摂ることは困難ですし、健康にもよくありません。
ですから、アグリコン型イソフラボンを毎日十分に摂るなら、サプリも取り入れましょう。

アグリコン型イソフラボンは吸収率が良い

アグリコン型イソフラボンは、豆腐など一般的な大豆食品に含まれるイソフラボン(グリコシド型)と比べると、吸収率が良い点が魅力です。

イソフラボンが、女性ホルモンと似た働き(エストロゲン様作用)や細胞を酸化から守る働き(抗酸化作用)を発揮するためには、体内で吸収されなければなりません。
グリコシド型は、糖が結合していて分子量が大きいため、腸内細菌によって分解されなければ吸収されないのです。また、腸内環境は人によって異なるため、吸収される量には個人差があります。

一方、アグリコン型は既に糖が外れている状態ですので、腸内環境に左右されることなくスムーズに吸収されます。その吸収率は、グリコシド型の3倍といわれています。

グリコシド型イソフラボンについて詳しくはこちら

アグリコン型イソフラボンを含む大豆食品は味噌と醤油だけ

アグリコン型イソフラボンを含む大豆食品は、味噌と醤油のみです。これらの食品は、発酵される過程でグリコシドからアグリコン型に変換されています。

納豆も発酵食品ですが、納豆菌の発酵では糖を完全に分解することができません。そのため、納豆に含まれているイソフラボンはグリコシド型です。

効率よくアグリコン型を摂取するならサプリから補おう

アグリコン型イソフラボンを毎日しっかり摂取するなら、サプリを取り入れましょう。特に、発酵した大豆の胚芽部分から抽出されたイソフラボンがおすすめです。

アグリコン型は味噌や醤油に含まれていますが、これらの食品は塩分も多く含むため、沢山食べてしまうと血圧の上昇などにも繋がってしまう可能性があります。
ですから、アグリコン型イソフラボンを摂取目安量分(※1)摂るなら、サプリで補うようにしましょう。

発酵した大豆の胚芽部分から抽出されたイソフラボンには、高い抗酸化作用があります。その力は、一般的なイソフラボンのなんと1000倍です。
また、発酵した大豆(胚芽部分)のイソフラボンがもつエストロゲン様作用は、体内で穏やかに作用するため、安全性が高いです。

このような発酵した大豆(胚芽部分)のイソフラボンを含むサプリを摂取し、健康を維持しましょう。

(※1)大豆イソフラボンの一日の摂取目安量は、70~75mgです。そのうち、サプリで摂取して良い量は、30mgまでです。

アグリコン型イソフラボンについて詳しくはこちら