閉経前にイソフラボンを過剰摂取すると逆効果になる恐れがある

閉経前にサプリなどからイソフラボンを過剰に摂るとホルモンバランスが乱れる

閉経前で生理が終わっていない女性が、イソフラボンを摂り過ぎてしまうと、かえってホルモンバランスが乱れて生理不順などに繋がってしまう恐れがあります。
ですから、閉経前の女性がイソフラボンを摂取する際は、過剰摂取にならないように注意することが大切です。

イソフラボンには、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)があります。イソフラボンを過剰摂取すると、このエストロゲン様作用が強く働いてしまい、もう一つの女性ホルモン(プロゲステロン)とのバランスが崩れてしまうのです。
その結果、生理不順が起こりやすくなってしまいます。

閉経前の女性は、更年期以降の女性と比べるとエストロゲンの分泌量は減っていないため、イソフラボンをサプリなどから追加で摂取する必要はありません。閉経前の女性がイソフラボンを摂取する場合は、日常的な食事に大豆食品を適量取り入れることが望ましいです。

なぜ閉経前にイソフラボンを過剰摂取するとホルモンバランスが乱れるのか

女性ホルモンの分泌量が減っていない閉経前の女性が、イソフラボンを摂り過ぎてしまうと、エストロゲン様作用が強く働いてしまい、ホルモンバランスが乱れてしまう可能性があります。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンがバランス良く分泌されて働くことが大切です。
閉経前の女性は、エストロゲンを分泌する卵巣の機能は低下していません。ですから、閉経前の女性が、イソフラボンをサプリなどから過剰に摂取してしまうと、プロゲステロンよりもエストロゲン様作用の割合が大きくなってしまいます。
その結果、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

ホルモンバランスの乱れによって生理不順が起こる恐れがある

閉経前にイソフラボンを過剰摂取したことによって、ホルモンバランスが崩れてしまうと、生理不順が起こりやすくなります。

生理は、基本的にはエストロゲンとプロゲステロンによってコントロールされています。そのため、イソフラボンの過剰摂取によってエストロゲン様作用が強く働き、このホルモンバランスが崩れてしまうと、生理周期が乱れやすくなるのです。

また、閉経前の女性が大豆イソフラボンを一日に57mg摂取すると、生理不順(月経周期の延長)が起こるリスクが高くなるともいわれています。

イソフラボンを摂取し過ぎないように注意しよう

閉経前の女性がイソフラボンを摂取する場合は、過剰摂取にならないように十分に注意する必要があります。

イソフラボンの一日の摂取目安量は、約70~75mgです。しかし、前項でもご紹介したように、閉経前の女性は大豆イソフラボンを一日に57mg摂取すると、生理不順のリスクが高くなります。
そのため、普段の食事に大豆食品を取り入れている場合は、イソフラボンをサプリなどから追加で摂取してしまうと、過剰摂取となってしまう恐れがあります。
ですから、エストロゲンの分泌が正常に行われている閉経前の女性は、イソフラボンをサプリなどから補充する必要はありません。

また、大豆食品を食べるときも、イソフラボンを摂り過ぎないように気をつけましょう。
豆乳(約200ml)あたりには、イソフラボンが約52.1mg含まれています。豆腐の場合は、1丁(約300~400g)あたりにイソフラボンが約60.9~81.2mgも含まれているのです。
このように、大豆食品によってはイソフラボンが多く含まれているため注意しましょう。