妊娠中にイソフラボンを過剰に摂取するのは危険

妊娠中にイソフラボンを過剰摂取すると胎児に悪影響を与える恐れがある

妊娠中に、イソフラボンを食事だけでなく、サプリや特定保健用食品などから追加で摂取すると、過剰摂取となって胎児に悪影響を与えてしまう恐れがあります。
そのため、厚生労働省の食品安全委員会は、妊娠中にイソフラボンをサプリなどから追加で摂取することは推奨していません。

イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)があります。そのため、過剰に摂取してしまうとエストロゲン様作用が強く働いてしまい、ホルモンバランスが乱れて、胎児の発育に悪影響を与えてしまう可能性があるのです。

また、イソフラボンはフラボノイド(※1)の一種ですが、このフラボノイドが胎児の遺伝子に異常を生じさせる可能性があることが報告されています。
(※1)フラボノイドとは、ポリフェノールの一種で、天然に存在する有機化合物群です。

ですから、妊娠中はイソフラボンをサプリなどから追加で摂取しない方が良いです。また、大豆食品を摂取するときも、イソフラボンを過剰に摂ってしまわないように注意する必要があります。

イソフラボンを過剰摂取すると胎児にどんな悪影響を与えるのか

過剰摂取してホルモンバランスが乱れると胎児の発育に悪影響を与える可能性がある

エストロゲン様作用があるイソフラボンを摂り過ぎると、ホルモンバランスが乱れ、胎児の発育に悪い影響を与える恐れがあります。

女性は妊娠すると、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増加します。
エストロゲンは、胎児の成長を維持するために子宮を大きくしたり、母乳に関わる乳腺を発達させたりする役割を果たします。一方、プロゲステロンには、胎児の成長を促進する働きや、子宮の収縮を抑制して流産のリスクを抑える働きがあります。

胎児の成長には、この2種類の女性ホルモンがバランス良く働くことが大切です。
しかし、イソフラボンを過剰に摂取してしまうと、エストロゲン様作用が強く働いてしまい、プロゲステロンとのバランスが乱れてしまう恐れがあります。ホルモンバランスが乱れてしまうと、胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性が高くなってしまうのです。

イソフラボンを含むフラボノイドは胎児の遺伝子に異常を生じさせる可能性がある

イソフラボンを含むフラボノイドは、胎児のDNAの構造を正常に保つ酵素である「トポイソメラーゼⅡ」を阻害して、遺伝子(MLL遺伝子)の異常を生じさせる可能性があることが報告されています。
ですから、妊娠中はイソフラボンを過剰に摂取しないように注意する必要があります。

乳幼児急性骨髄性白血病の約65%、急性リンパ白血病の約85%に、このMLL遺伝子の異常が関与しているといわれています。また、乳幼児におけるMLL遺伝子関与の白血病は、子宮体内で生じるものと考えられています。

このように、イソフラボンといったフラボノイドは胎児の遺伝子に悪影響を与える恐れがあるため、妊娠中はイソフラボンを過剰に摂取しないように十分に注意しましょう。

妊娠中は大豆食品の摂取量にも十分に注意しよう

妊娠中に大豆食品を食べるときは、イソフラボンの過剰摂取になってしまわないように食べる量に注意しましょう。

大豆イソフラボンの一日の摂取目安量は、約70~75mgです。
豆乳には、約200mlあたりにイソフラボンが約49.6mgも含まれています。ですから、一日に何杯も飲んでしまうと、それだけで摂取目安量を超えてしまいます。

納豆の場合は、約50g(1パック)あたりにイソフラボンが約36.8mg含まれています。豆腐1丁あたりには、なんと約60.9mgもイソフラボンが含まれているのです。

このように、大豆食品によってはイソフラボンが多く含まれているため、妊娠中に大豆食品を食べるときは、イソフラボンを過剰に摂取してしまわないように十分に注意しましょう。