抗がん剤治療をしている人はイソフラボンサプリを摂っても良いのか

抗がん剤治療をしている人は自己判断でイソフラボンサプリを摂取しないようにしよう

がんの治療で抗がん剤を使用している方は、イソフラボンサプリを自己判断で取り入れず、必ず主治医に相談しましょう。

抗がん剤の種類によっては、イソフラボンのもつ働きがかえって薬や治療の効果を低下させてしまう場合があります。
また、乳がんの治療でホルモン療法を行っている人が、イソフラボンを摂ってしまうと逆効果となってしまう可能性があるのです。

がんの治療をしている方は、イソフラボンに限らずどのようなサプリでも安易に摂取するのではなく、医師に相談をして指示に従ってください。

なぜ抗がん剤治療をしている人は安易にイソフラボンサプリを摂ってはいけないのか

抗がん剤によってはイソフラボンのもつ働きが悪影響になる可能性がある

イソフラボンには、細胞などを酸化から守る抗酸化作用があります。抗がん剤のなかには、この抗酸化作用をもつ成分を過剰摂取することで効果が弱くなるものがあるのです。

抗がん剤には、ガン細胞を酸化障害の状態にさせることで、増殖を抑えるものがあります。このような抗がん剤を使用して治療をしているときに、抗酸化作用があるイソフラボンやビタミンE、ビタミンCなどを多く摂取してしまうと、治療効果が低下してしまう可能性があるのです。

抗酸化作用がある成分は免疫力の向上などに役立ちますが、抗がん剤治療をしている人は摂取を避けましょう。

抗がん剤に限らずがん治療をしている人はイソフラボンを安易に摂るのは避けよう

抗がん剤治療だけでなく、乳がんの治療でホルモン療法をしているときも、イソフラボンのサプリの摂取は控えた方が良いです。

このホルモン療法は、乳がんの中でも「エストロゲン感受性のあるがん細胞(※1)」に対して行われます。このホルモン療法を行って、女性ホルモンのエストロゲンを抑えることができれば、エストロゲン感受性のあるがん細胞の縮小に期待できるのです。

ですからホルモン療法をしている方が、エストロゲン様作用(※2)をもつイソフラボンサプリを多く摂取してしまうと、治療を阻害してしまう可能性があります。
ホルモン療法による乳がんの治療をしている方は、イソフラボンサプリを安易に摂取しないようにするだけでなく、イソフラボンを含む大豆食品の食べ過ぎにも気をつけることが大切です。

このようにイソフラボンサプリは、抗がん剤以外のがん治療にも影響を与える可能性があるため、がんの治療をしている人は自己判断でサプリを摂り入れないようにしましょう。

(※1)女性ホルモンのエストロゲンを栄養として大きくなるガン細胞のことを指します。

(※2)エストロゲンと似た働きのことをいいます。