イソフラボンはアンチエイジングの頼もしい味方

アンチエイジングにはイソフラボンがもつ2つの力を取り入れよう

イソフラボンには、アンチエイジングの強い味方となる2つの働きがあります。
一つは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きです。この働きは「エストロゲン様作用」とも呼ばれています。
エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンで、アンチエイジングにとって必要不可欠な存在です。しかし、加齢によって、このエストロゲンは減少してしまうのです。

そして、もう一つの大切な働きが、抗酸化作用です。抗酸化作用とは、細胞を酸化させて機能を奪う活性酸素を除去する働きのことをいいます。
肌老化を抑制するためには、この抗酸化作用も必要です。

このように、イソフラボンがもつ2つの大きな働きは、アンチエイジングにとって頼もしい味方といえます。

イソフラボンのエストロゲン様作用がシワとシミを抑えてくれる

シワとシミの発生にはエストロゲンの減少も関係している

加齢によって卵巣の機能が低下し、分泌されるエストロゲンが減少すると、シワやシミなどの肌老化に繋がってしまう場合があります。

分泌されたエストロゲンは、皮膚の真皮(※1)に存在する「線維芽細胞」に作用し、肌のハリや潤いを保つために必要なコラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促します。
(※1)真皮とは、皮膚を構成している三層の一つで、表皮と皮下組織の間にあります。

また、エストロゲンは、肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」を促してくれるため、シミの原因になるメラニン色素の排出にも役立ちます。年齢を重ねると、ターンオーバーの周期(※2)は遅くなってしまうため、メラニン色素の蓄積によるシミの発生を抑えるためには、ターンオーバーを促すことが大切です。
(※2)正常な肌は、約28日周期で生まれ変わります。

このような役割があるエストロゲンが不足してしまうと、シワやシミが発生しやすくなってしまうのです。

エストロゲン様作用によってシワが抑制されるメカニズム

加齢によってエストロゲンの分泌が減少している方が、イソフラボンを意識的に摂取すると、エストロゲンと似た働きを補うことができます。
体内でエストロゲン様作用が発揮されれば、ハリと弾力の維持に欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成が高まります。

そして、これらの成分が十分につくられ、真皮層で役割が果たされれば、シワといった肌老化を抑えることが叶うのです。

エストロゲン様作用によってシミが抑制されるメカニズム

イソフラボンのエストロゲン様作用によって、加齢で遅くなってしまった肌のターンオーバーが促されれば、シミの元になるメラニン色素をスムーズに排出することができます。
このように、メラニン色素が溜まることを防ぐことで、シミが発生しにくくなるのです。

イソフラボンの抗酸化作用もシワとシミの抑制に繋がる

活性酸素の増加は肌老化の原因に繋がる

活性酸素は、ストレスや紫外線などの影響を受けて増加すると、肌細胞をはじめ様々な細胞を酸化させて機能を奪います。

真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸、繊維芽細胞が活性酸素のダメージを受けると、傷ついてしまい正常な働きを果たすことが難しくなります。その結果、肌のハリを保てなくなり、シワやたるみに繋がってしまうのです。

また、紫外線の影響を受けて活性酸素が増加すると、メラニン色素が肌細胞を守るために身代わりとなって酸化されます。
さらに、皮膚の脂質が活性酸素によって酸化させられると、過酸化脂質となって蓄積されてしまいます。この過酸化脂質に変化した部分にメラニン色素が集まると、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が正常に機能せず、シミとなってしまうのです。

抗酸化作用でシワとシミが抑えられるメカニズム

イソフラボンの抗酸化作用によって、増加した活性酸素による影響が抑えられれば、真皮にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の機能を維持することができます。
それにより、コラーゲンとエラスチンが肌に弾力をもたらし、ヒアルロン酸が肌の水分を蓄え続けることができれば、シワを抑制して若さが保たれるのです。

また、イソフラボンの抗酸化作用で、紫外線の影響で増加した活性酸素が除去されれば、メラニン色素の酸化や過酸化脂質の発生を抑え、シミになるのを防ぐことができるのです。

イソフラボンをサプリで摂るならエクオールがおすすめ

エストロゲン様作用を目的として、イソフラボンをサプリメントで摂るなら「エクオール」がおすすめです。

エクオールは、アグリコン型イソフラボンの一種であるダイゼインが、腸内細菌(エクオール産生菌)によって変換されたものです。
ダイゼインは、エクオールに変換されることで、エストロゲン様作用が強くなるのです。しかし、エクオール産生菌は、全ての人の体内に存在しているわけではありません。

ダイゼインのままでも、エストロゲン様作用に期待することができますが、エストロゲンの分泌が減少する更年期の女性には、エストロゲン様作用が高いエクオールがおすすめです。
また、確実にエクオールを得るなら、サプリメントから補うことが望ましいです。