イソフラボンと生理痛の鎮痛剤を一緒に摂る際に注意することとは

生理痛の鎮痛剤を飲んでいる人はイソフラボンサプリの過剰摂取に注意しよう

生理痛の鎮痛剤を飲んでいる人がイソフラボンをサプリで摂る場合は、過剰摂取してしまわないように注意することが大切です。

生理痛の鎮痛剤には様々な種類がありますが、生理痛としての痛みを起こす原因物質を抑える効果があるものが多いです。
このような鎮痛剤を飲んでいる人が、イソフラボンをサプリから大量に摂取してしまうと、痛みを抑える効果が低下してしまう可能性があります。

なぜイソフラボンを摂り過ぎると生理痛の鎮痛剤の効果が弱くなる可能性があるのか

生理痛の鎮痛剤には痛みの原因物質を抑制する効果がある

生理痛の鎮痛剤には、生理痛としての痛みを引き起こす「プロスタグランジン」というホルモンの産生を抑える効果があります。

生理痛は、子宮内膜が排出される際に起こりやすいです。
生理のとき、プロスタグランジンは子宮内膜を排出するために子宮を収縮させます。このプロスタグランジンの量が多いと、その分子宮の収縮が強くなるため、痛みが強くなるのです。

生理痛の鎮痛剤を服用し、痛みを司るプロスタグランジンの産生を抑えることで、生理痛が緩和します。

イソフラボンサプリの摂り過ぎはホルモンバランスを乱す可能性がある

イソフラボンをサプリなどで過剰に摂ってしまうと、ホルモンバランスが崩れやすくなって生理痛に繋がってしまう可能性があります。

イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあるので、適量の摂取であればホルモンバランスを整えて生理痛の緩和に期待できます。
しかし、イソフラボンをサプリから毎日大量に摂取し、常にエストロゲンが過剰な状態になると、もう一つの女性ホルモン(プロゲステロン)とのバランスが乱れやすくなるのです。

ホルモンバランスの乱れは生理の痛みを起こす物質の増加に繋がる場合がある

ホルモンバランスが乱れて冷えが起こると、プロスタグランジンの分泌量が多くなる場合があります。

女性ホルモンの分泌は、脳にある視床下部によってコントロールされています。この視床下部は、自律神経の働きもコントロールしています。
そのため、ホルモンバランスが乱れると視床下部が混乱し、自律神経にも影響を与えてしまうのです。

自律神経のバランスが乱れて血行不良や冷えが起こると、生理の際に子宮の動きが鈍くなり、子宮内膜をスムーズに押し出せなくなります。
すると、子宮内膜を強く押し出すためにプロスタグランジンが過剰に分泌され、生理痛に繋がるのです。

ですので、生理痛の鎮痛剤を飲んでいる方がイソフラボンを摂る際は、過剰摂取にならないように注意しましょう。