イソフラボンの飲み合わせについて(アルコール)

イソフラボンとアルコールを飲み合わせるのは控えよう

イソフラボンのサプリを飲む際は、アルコールを含むお酒で飲むのではなく、なるべく常温の水で飲むことが大切です。

イソフラボンをアルコールと一緒に摂取してしまうと、イソフラボンの吸収が妨げられてしまい、理想的な体や美肌の実現から遠ざかってしまいます。

イソフラボンの力を実感するためにも、サプリを摂る際はなるべく常温の水で飲むことを心がけましょう。

アルコールはイソフラボンの吸収を邪魔してしまう

アルコールは、イソフラボンの吸収に対して悪影響を与えてしまいます。

イソフラボンは、アルコール(エタノール)に溶けやすいという特徴があります。溶けやすいということは一緒に摂ることで吸収されやすくなるので、一見問題が無いように思えます。

しかし、アルコールは摂取するとすぐに吸収され、分解・排出も優先して行われます。
イソフラボンに限らずサプリをお酒で飲んでしまうと、体内で急激に吸収されてすぐに排泄されてしまうため、飲んだ意味があまりなくなってしまいます。
ですから、イソフラボンのサプリを効果的に摂るためにも、アルコールを含むお酒と一緒に飲むことは辞めましょう。

イソフラボンのサプリはなるべく常温の水で飲もう

イソフラボンサプリを飲む際は、アルコールを含むお酒ではなく、常温の水で飲むことをおすすめします。

常温の水で飲むことで、胃を活発に動かしてイソフラボンの吸収率の低下を抑えることができます。また、飲む水を常温にすることで、体を冷やすことなく摂取ことができるのです。

イソフラボンには、血液中のアルコール値を下げる働きがあります。この力を実感するためにも、イソフラボンのサプリを飲むときは常温の水で飲みましょう。