イソフラボンの分類について(アグリコン型)

大豆などに含まれているイソフラボンは、ポリフェノールの一種で、体内で女性ホルモンと似た働きをする成分です。このイソフラボンには、「アグリコン型」と「グリコシド型」の2種類があります。

アグリコン型イソフラボンの特徴

糖が外れている状態のイソフラボン

一般的な大豆食品(納豆や豆腐など)に含まれているイソフラボンは、周りに「糖」が結合した状態で存在しています。この状態では、分子が大きくてうまく体内に吸収されません。

しかし、腸内で腸内細菌の酵素によって分解されると、糖が外れます。この糖が外された状態のイソフラボンを「アグリコン型」と呼びます。
このアグリコン型になることで、体内でスムーズに吸収されるようになるのです。

ただし、腸内環境は人によって異なるため、イソフラボンを吸収できる量には個人差があります。

吸収されるスピードが速く、吸収率が高い

糖が結合しているグリコシド型は、摂取してから体内で吸収されるまで、約6~8時間程度かかるといわれています。
また、摂取したグリコシド型イソフラボンのうち、体内に吸収されるのは2割程度で、残りは体外へと排出されてしまうのです。

これに対してアグリコン型イソフラボンは、糖が外れていて分子が小さいため、グリコシド型のものと比べると吸収されるスピードが速いです。
アグリコン型イソフラボンを摂取すると、約2時間ほどでピークを迎えるといわれています。さらに、アグリコン型イソフラボンの吸収率は、グリコシド型イソフラボンの約3倍も高いのです。

アグリコン型イソフラボンの種類

アグリコン型イソフラボンは、さらに「ダイゼイン」「ゲニステイン」「グリシテイン」の3種類に分けられます。
この3種類は、構造的な違いは小さいですが、女性ホルモンと似た働き(エストロゲン様作用)の強さに違いがあります。

エストロゲン様作用が強いのはゲニステイン

3つの中で一番エストロゲン様作用が強いのは、エストロゲン受容体(※1)との親和性が高いゲニステインです。このゲニステインは、丸大豆由来のイソフラボンに多く含まれています。
(※1)体内にもともとあるエストロゲンは、エストロゲン受容体(レセプター)にはまることで初めて働きます。

ゲニステインは、エストロゲン様作用が強いですが、その分体に与える影響も強いため、人によっては多く摂りすぎることで副作用が現れてしまう可能性があります。

安全性が高いのはダイゼイン

ダイゼインは、ゲニステインと比べるとエストロゲン受容体との親和性が低いです。
これは一見デメリットのようにも見えますが、エストロゲン様作用が穏やかですので、体にも優しく副作用の心配がありません。
ですから、ゲニステインよりも、ダイゼインの方が安全性が高いといえます。

また、グリシテインは、エストロゲン様作用がほとんどないです。このため、エストロゲン様作用を目的としてイソフラボンを摂取するなら、安全性が高いダイゼインが含まれているものがおすすめです。

アグリコン型イソフラボンを含む食品

アグリコン型イソフラボンは、味噌や醤油に含まれています。これは、大豆が発酵される過程で、グリコシド型がアグリコン型へと変換されるためです。
納豆や豆腐などの大豆食品に含まれているイソフラボンは、グリコシド型です。

アグリコン型イソフラボンを抽出できる方法

イソフラボンを抽出するには、大豆の胚芽部分から抽出する方法と、発酵した丸大豆から抽出する方法、発酵した大豆の胚芽部分から抽出する方法があります。
その3つの方法のうち、アグリコン型イソフラボンを抽出できるのは、発酵した丸大豆から抽出する方法と、発酵した大豆の胚芽部分から抽出する方法です。

しかし、発酵した丸大豆から抽出されるイソフラボンは、エストロゲン様作用が強力なゲニステインが多いです。
一方、発酵した大豆の胚芽部分から抽出されるイソフラボンは、ダイゼインが多いので安心です。

このように、イソフラボンの抽出方法によって、含まれているアグリコン型の種類に違いがあります。